最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

ブログ調査

インターネットコムとgooの
  「第26回ブログ調査」によると、
 ・全国の10~60代以上のインターネットユーザー
 ・1075人、男性42%女性58%
  10代3%、20代26%、30代39%、40代22%、50代8%、60代以上2%。

☆また過去1か月以内に他人のBlogにコメントしたことがある
 YES 32%。

☆Blog作成経験
 ・ある        37%
 ・ないが作ってみたい 27%

☆作成経験者395人が保有しているBlogサービスのID数
 ・1つ 57%
 ・2つ 25%
 ・3つ 11%

☆Blogの更新頻度
 ・週に2-3回 26%
 ・ほぼ毎日  21%
 ・週に1回   14%

☆Blogの1日あたり訪問者数
 ・ほぼ0人       16%
 ・1人-5人未満    25%
 ・5人-10人未満    19%
 ・10人-50人未満   26%
  ※50人未満延べ    ※86%
 ・50人-100人未満   9%
  ※100人未満延べ    ※95%
 ・100人-300人未満   3%
 ・300人-1000人    1%
 ・1000人-3000人未満  1%
 ・3000人以上      0%
 ※わからない43人は除外

★1日10人を超せば、上位の4割以内、
 100人を超せば、トップの5%以内、
 1000人を超せば、トップの1%以内です。

夏の家族旅行のアンケート調査

JTBの
 「夏の家族旅行のアンケート調査」によると
 ・調査6月29日~7月10日
 ・インターネット上
 ・有効回答1480。男性740人、女性693人

☆夏に家族旅行に行きたい
 YES 97%

☆旅行の計画を立てるのは
 ・妻・母 45%
 ・夫・父 39%
 ・子供  13%

☆旅行の計画を立てる際、最も重視すること
 ・日程    38%
 ・宿泊施設  23%
 ・価格の安さ 18%
 ・観光施設  12%
 ・食事のよさ  6%

★非日常の自然と食事が、癒してくれる。
 疲れないように気をつけて

高校生のコンタクトレンズ調査

八戸市熊谷産婦人科眼科医院の
 「高校生のコンタクトレンズ調査」によると
 ・05年9月
 ・八戸市内某高校在校生670人対象

☆コンタクトレンズ使用率
 ・全体  24.2%
 ・1年生 20.0%
 ・2年生 23.2%
 ・3年生 28.8%
 ※学年が上ほど使用率が高く、男女比は1対2で女子が多い

☆コンタクトレンズの種類
 ・ソフトコンタクト 99%
 ・使い捨てタイプ  90%

☆コンタクトレンズのケア
 ・常に行っている            62%
 ・一度もしていない、ほとんどしていない 10%

☆目の充血や装着の違和感など何らかの異常を経験した人
 YES 78%

☆コンタクトレンズの使用期限を守っていなかった
 YES 34%

★目はかなり酷使してるので要注意。
 眼球のグルグル運動は良さそうです。

離婚に対する意識アンケート

インターワイヤードの
 「離婚に対する意識アンケート」によると
 ・06年7月6~12日
 ・全国男女7077人、男性3028人、女性4049人

☆夫婦のコミュニケーションは
 ・足りている  56.1%
 ・足りていない 25.3%

☆夫婦の会話は1日どのぐらい(現在結婚している人4621人
《平日》
 ・5分以内   9.6%
 ・15分以内  12.9%
 ・30分以内  22.4%
 ・1時間以内 24.8%
 ・2時間以内 15.2%
 ・2時間以上 15.1%

《休日》
 ・5分以内   5.2%
 ・15分以内  6.1%
 ・30分以内  22.9%
 ・1時間以内 18.7%
 ・2時間以内 16.4%
 ・2時間以上 42.0%

☆夫婦のコミュニケーションは足りていますか
 ・充分足りている   14.3%
 ・まあ足りている   41.8%
 ・あまり足りていない 16.3%
 ・全然足りていない   9.0%

☆離婚に対するイメージ
 ・子供に影響が出る   54.4%
 ・今後の生活が心配   43.0%
 ・寂しい        36.5%
 ・お金が掛かる     34.7%
 ・つらい        32.8%
 ・第2の人生のスタート  25.1%
 ・自由になれる     23.5%
 ・いい経験になる     6.1%

☆離婚を考えた事は(現在結婚しており、離婚経験が無い4303人)
 ・よくある  10.8%
 ・たまにある 33.7%
 ・ない    51.3%

☆離婚を思いとどまった理由(離婚経験が無く離婚を考えたことがある1913人)
 ・子供のため          56.7%
 ・金銭面が不安/1人では稼げない 31.2%
 ・親を悲しませるから      20.2%
 ・1人では寂しくなるから     13.7%
 ・老後の生活が不安だから    13.5%

☆もし離婚したら心配なこと(現在結婚し、離婚経験が無い4303人)
 ・子供に悪い影響が出ないか 49.1%
 ・生活費          47.4%
 ・子供の養育費       35.4%
 ・老後の生活        35.0%
 ・住む家          31.7%

☆離婚して、実際に苦労したこと(離婚経験がある663人)
 ・生活費       37.7%
 ・役所への手続きなど 27.6%
 ・子供の養育費    21.9%
 ・住む家       21.7%
 ・子供への悪い影響  17.6%

☆機会があれば再婚したいか(離婚経験があり、現在独身の345人)
 ・とても再婚したい      17.7%
 ・再婚したい気もする     40.0%
 ・あまり再婚したいと思わない 20.0%
 ・全く再婚したいと思わない  13.3%
 ・わからない          9.0%

☆離婚するという選択について
 ・絶対してはいけない     7.3%
 ・しない方が良いが仕方ない 75.1%
 ・全く問題ない       11.1%

★かなり怖い質問でした。

世界の銀行1000行番付

英バンカー誌の
 「世界の銀行1000行番付」によると

☆経営の健全性
 1位 米シティグループ 8年連続
    ※狭義の自己資本で794.7億ドル(9.3兆円)
 2位 英HSBC(3位)、
 3位 米バンク・オブ・アメリカ(4位)。
 5位 三菱UFJ(前年7位)
 8位 三井住友FG(15位)
 9位 みずほFG(8位)

☆資産総額
 1位 英バークレイズ銀行 1兆5915億ドル(187兆円)
 3位 三菱UFJ 1兆5085億ドル

★日本の銀行も合併と金利優遇で世界上位に

睡眠に関する調査

インフォプラントの
 「睡眠に関する調査」によると
 ・調査は7月4~5日
 ・20歳以上インターネットユーザー1200人

☆いつも睡眠不足
 YES 67.3%

☆睡眠に関連した健康状態(複数回答)
 ・昼間に強い眠気を感じる    37.1%
 ・起きたとき疲れが取れていない 36.5%
 ・寝起き・目覚めが悪い     29.6%

☆平日の睡眠時間
 1位 6時間~7時間未満 34.5%

☆休日の睡眠時間
 1位 7時間~8時間未満 30.6%

☆普段の就寝時間
 ・平日 午前0時台 29.8%
     午前1時台 20.2%

 ・休日 午前0時台 26.8%
     午前1時台 23.2%

☆快眠のために利用しているグッズ(複数回答)
 ・枕      58.8%
 ・布団・ベッド 41.7%
 ・お酒     13.8%

☆今後利用したいグッズ
 ・枕      36.9%
 ・布団・ベッド 24.7%
 ・アロマオイル 17.3%

★現在良いとされる睡眠は
 時間 6時間か7.5時間、子供は9時間(1.5時間サイクルに合わせ)
 姿勢 大の字

世界の食糧支援に関する調査報告

世界食糧計画WFPの
 「世界の食糧支援に関する調査報告」によると
 ・昨年度

☆食料援助を多く受けた国
 1位 エチオピア
 2位 北朝鮮
 3位 スーダン

☆北朝鮮への食料援助
 ・108万トン
 ※内中国49%、韓国36%、日本4%、米2%
  中国の対外食料援助の92%が北朝鮮向け

★中国の北朝鮮支配が強まっている

正社員の月平均労働時間調査

独立行政法人労働政策研究・研修機構の
 「正社員の月平均労働時間調査」によると
 ・昨年6月の労働時間
 ※現在はさらに長時間勤務が増えている公算が大きい。

☆正社員の月平均労働時間
 ・平均    196.7時間
  ※所定労働時間を33時間上回る

 ・男性    204.5時間
 ・女性    178.3時間

 ・40代    199.3時間
 ・30代    198.8時間

 ・運輸業   224.6時間
 ・卸・小売業 207.4時間

★年で2360時間、卸、小売りは年2489時間
 サービス残業でなければ良いのだが。

世帯動態調査の概要

国立社会保障・人口問題研究所の
 「世帯動態調査の概要」によると
 ・04年7月実施

☆平均世帯人数
 ・前回99年調査時2.9 人から2.8人に減少
  過去最低を更新

 ・2人世帯 28.7%
 ・3人世帯 20.6%

☆単独世帯割合
 ・19.8%から20%に、

☆核家族の割合
 ・62.5%から64.2%に

☆親との同居率、年代別
 ・30~34歳 男性45.4%、女性33.1%

☆65歳以上の高齢者のうち、
 ・息子と同居 33.1%、前回38.0%
 ・娘との同居 14.0%、前回13.2%

★高齢単身者がさらに増加
 若者は親と同居の未婚者が増加

米のレバノンに関する世論調査

CNNの
 「レバノンに関する世論調査」によると
 ・成人633人
 ・電話調査

☆米国は
 ・事態打開へ向けての積極的な役割を果たすべきではない 65%

☆アナン国連事務総長らの国際和平維持軍派遣
 ・支持    45%
 ・反対    42%
 ・分からない 13%

☆ブッシュ大統領の対応
 ・指導力不足  45%
 ・満足している 38%

☆紛争当事者への同情
 ・イスラエルに同情  57%
 ・ヒズボラに同情    4%
 ・どちらにも感じない 20%
 ・両方に感じる     4%

☆兵が拉致された後のイスラエルの軍事行動について
 ・正しい      35%
 ・度を超している  31%
 ・抑制されている  14%
 ・わからない    20%

☆停戦については
 ・イスラエルは即時に応じるべき           43%
 ・ヒズボラが攻撃をやめるまでイスラエルは続けるべき 39%

★イラクで大分懲りたはずなのに、
 アメリカのマスコミも、ほとんどは極端に政府よりの報道をします。

図書館の貸し出し数調査

文部科学省の
 「図書館の貸し出し数調査」によると
 ・3年毎実施

☆小学生が図書館で借りた本、
 ・1人18.7冊で過去最多
 ・04年度、1億3491万冊の図書を借りた
 ・図書館利用回数は1人あたり年3.2回
 ・小学生720万人中、414万人が利用

☆図書館数       2982館、過去最高
☆総貸出冊数      5億8083万冊、過去最高
☆国民1人あたり貸出冊数 4.5冊、過去最高

★書籍売上は厳しいけれど、読書が増えているのはGOOD

子どもに読ませたいおすすめ絵本ランキング

gooの
「子どもに読ませたいおすすめ絵本ランキング」によると
 ・集計06年3月22~23日

☆子どもに読ませたいおすすめ絵本
 1位 ぐりとぐら、作中川李枝子、絵山脇百合子、福音館書店
 2位 おおきなかぶ、作A・トルストイ、絵佐藤忠良、訳内田莉莎子、福音館書店
 3位 いないいないばあ、作松谷みよ子、絵瀬川康男、童心社
 4位 はらぺこあおむし、作絵エリック・カール、訳もりひさし、偕成社
 5位 ノンタンシリーズ、作絵キヨノサチコ、偕成社
 6位 はじめてのおつかい、作筒井頼子、絵林明子、福音館書店
 7位 エルマーのぼうけん、作ルース・スタイルス・ガネット 絵ルース・クリスマン・ガネット
    訳渡辺茂男、福音館書店
 8位 てぶくろ、ウクライナ民話、絵エウゲーニー・M・ラチョフ、
    訳内田莉莎子、福音館書店
 9位 三びきのやぎのがらがらどん、北欧民話、絵マーシャ・ブラウン
    訳瀬田貞二、福音館書店
10位 葉っぱのフレディいのちの旅、作レオ・バスカーリア、訳みないなな、童話屋

★福音館などのなじみ深い定番が上位にランクイン。
 本屋さんにある絵本があまり多くないので、
 図書館に期待かなり限定されrているのが、