FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漬物・豆腐に関する消費者調査

MDBネットサーベイの
 「漬物・豆腐に関する消費者調査」によると
 ・全国20歳以上の男女
 ・有効回答451
 ・06年6月12~13日

☆漬物の好き嫌い
 ・好き   53.9%
 ・やや好き 28.4%
 ・やや嫌い  3.1%
 ・嫌い    3.1%

☆好きな漬物(複数回答)
 1位 白菜漬   68.5%
 2位 たくあん漬 60.5%
 3位 キムチ   58.8%
 4位 野沢菜漬  57.0%
 5位 高菜漬   52.3%
 6位 一夜漬   51.0%

☆豆腐の好き嫌い
 ・好き    61.6%
 ・やや好き  30.8%
 ・やや嫌い   0.9%
 ・嫌い     1.3%

☆食卓への豆腐メニュー出現頻度
 ・週2~3日  39.0%
 ・週1日    27.3%
 ・週4~5日  14.2%
 ・ほぼ毎日   8.4%
 ・月2~3日   8.0%

☆豆腐をどのように食べているか
 ・冷奴     94.4%
 ・味噌汁の具  86.8%
 ・マーボー豆腐 68.1%
 ・湯豆腐    62.5%
 ・すき焼きの具 54.9%
 ・鍋の具    46.9%
 ・白あえ    27.7%

★ご飯のお供に最適ですよね。あと納豆に海苔もあれば完璧。
スポンサーサイト

英語の名詞の使用頻度調査

英オックスフォード大出版部の
 「名詞の使用頻度調査」によると
 ・インターネットに掲載されている
  電子版の新聞、刊行物、学術誌、小説、ブログなど対象

☆名詞の使用頻度
 1位 TIME
 2位 PERSON
 3位 YEAR
 4位 WAY
 5位 DAY

★文章中でTIME、PERSONはやや意外。TIMEは金なりですか。

電子機械系技術者の気になる会社

日経の
 「電機電子機械系技術者の気になる会社、
 働いてみたい会社アンケート調査」によると
 ・06年2月8日~26日
 ・日経BP調査モニター、メルマガ登録者対象
 ・有効回答数599件

☆働いてみたい電機・電子・機械系企業
 1位 トヨタ   
 2位 キヤノン  
 3位 ホンダ   
 4位 ソニー    
 5位 松下電器産業 
 6位 シャープ  
 7位 デンソー
 ※1~6位共、前年と同じ

★知名度、業績、規模などが評価

筆記と文字入力に関する調査

インターネットコムとクロスマーケティングの
 「筆記と文字入力に関する調査」によると
 ・18歳~60代のパソコンユーザー300人
 ・男性50%女性50%、年代別人数は均等

☆パソコンを始めてから漢字が書けなくなったと感じますか
 ・少し感じる  41.3%
 ・大いに感じる 29.0%

☆パソコンを始めてから漢字が読めなくなったと感じますか
 ・感じない      47.7%
 ・読める漢字が増えた 14.7%

☆漢字の書き方を調べる際、どのような方法で調べますか
 ・パソコンで入力して変換してみる 52.7%
 ・実際の辞書で調べる       46.7%
 ・インターネット辞書       37.7%
 ・携帯電話で入力して変換     31.0%

★管理人も読むのは問題ないけど、すごく書けなくなりました。

学童保育のアンケート調査

全国学童保育連絡協議会の
 「学童保育のアンケート調査」によると
 ・共働き家庭の小学生らが放課後や土曜日などに過ごす
  学童保育所に入っている児童数
 ・全市区町村に問い合わせて集計
 ・5月1日現在、

☆学童保育の人数
 ・68.3万人(3年で15万人近く増)

☆学童保育施設数
 ・1万5858施設(前年より549増)

☆小学校数に対する設置率
 ・68.6%(5年で約20ポイント増)

★急増しています。うまく機能するとよいのですが。

米国産牛肉に関する調査

読売新聞社とNTTレゾナントの
 「米国産牛肉に関する調査」によると
 ・19~21日
 ・gooリサーチ消費者モニター
 ・14~84歳の男女

☆輸入再開に
 ・反対、どちらかと言えば反対 71%

☆再開後も米国産牛肉を
 ・絶対食べたくない、できるだけ食べたくない 61%

☆外食などで牛肉の原産地表示
 ・義務付けを求める  96%

★レストランと加工食品への表示義務付けをしない厚労省はおかしい。
 消費者に正確な選択権を与えるべき。

各国都市の生活の質調査

マーサーの
 「各国都市の生活の質調査」によると
 ・今年4月
 ・世界約350都市
 ・政治や経済、文化、社会環境、医療、教育、公共サービス、輸送、
  レクリエーション、消費財、住宅、自然環境を評価
  ニューヨークを100としてポイント算出

☆各国都市の生活の質ランキング
 1位 チューリヒ
 2位 ジュネーブ
 3位 バンクーバー
 4位 ウィーン
 5位 オークランド(ニュージーランド)
 6位 デュッセルドルフ
 7位 フランクフルト
 8位 ミュンヘン
 9位 シドニー
 9位 ベルン(スイス)

 ※米はホノルル27位、ニューヨーク46位
  アジアはシンガポール34位、東京35位、
  香港68位。上海103位
  最下位は、3年連続でバグダッド(イラク)

★西欧、カナダ、オセアニアが上位
 バクダッドは最下位といっても米が戦争に巻き込んだのですし。

会社の事務用品持ち帰りに関する調査

米スフェリオンの
 「会社の事務用品持ち帰りに関する調査」によると
 ・全米の会社に勤める1630人

☆過去1年間に自宅に事務用品を持ち帰ったことが
 ・ある     18%
  18~24歳 25%
  65歳以上  12%

☆持ち帰りが悪いことだと思わない
 ・18~24歳 20%
 ・65歳以上   8%

☆持ち帰られるのが多いのは
 ・ペン、ペーパークリップ、のり付きメモ用紙
 ・子どもの新学期前にはペンや紙
 ・クリスマス前には贈り物を包むセロテープ

※全米で持ち帰られた事務用品は年520億ドル(6兆円)との試算あり。

★ついうっかりの1本程なら大目に見てくれそうですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。