fc2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

中高校生のファッションリーダー

ORICON STYLEの
 「中高校生のファッションリーダー」によると
 ・06年3月24日~28日
 ・インターネット調査、オリコン・モニターリサーチ会員
 ・中高生男女各300人、計600人

☆女性タレント
 1位 蝦原友里
 2位 倖田來未
 3位 aiko
 4位 木村カエラ
 5位 ベッキー

☆男性タレント
 1位 堂本剛
 2位 亀梨和也
 3位 オダギリジョー
 4位 小池徹平
 5位 妻夫木聡

★ファッション関連のオジサンには参考になりますね。
 全員の顔が浮かべば、若いオジサンです。

大学生の就職志望企業

リクルートの
 「大学生の就職志望企業」によると
 ・07年3月卒業予定の大学生対象

☆大学生の就職志望企業
 1位 全日本空輸(連続1位)
 2位 トヨタ自動車
 2位 ジェイティービー
 4位 日立
 5位 電通
 6位 三菱東京UFJ
 7位 サントリー
 8位 博報堂
 9位 積水ハウス
10位 東海旅客鉄道

☆金融系が上昇
 ・損害保険ジャパン 20位→15位、
 ・東京海上日動火災保険 30位→29位、
 ・みずほフィナンシャルグループ 70位→43位、
 ・三井住友海上火災保険 61位→47位、
 ・大和証券 157位→64位、
 ・北洋銀行 315位→71位

☆放送局も上昇
 ・フジテレビジョン 22位→11位
 ・日本放送協会 64位→60位
 ・テレビ朝日 73位→61位
 ・東京放送 103位→91位

☆食品メーカーも上昇
 ・カゴメ 63位→17位
 ・ロッテ 101位→36位
 ・日清食品 73位→48位
 ・森永製菓 83位→57位
 ・明治乳業 79位→61位

★知名度ランキングのような、株価のような

外食についてのアンケート調査

NTTレゾナントと三菱総研の
 「外食についてのアンケート調査」によると
 ・1月30日~2月1日、
 ・gooリサーチ
 ・有効回答数2195。男48.6%、女51.4%。

☆外食の回数
 ・月1回以上 88.3%

☆いきつけの店がある
 YES 76.5%

☆その条件
 ・料理がおいしいこと 80.9%
 ・手ごろな値段    79.3%

☆1回あたりの出費
 ・昼食 700円~999円 56.1%
 ・夕食 1000~1999円 42.0%

☆祝い事などで特別な外食をする頻度
 ・年4~5回 27.2%
 ・年2~3回 25.5%
 ・月1回   22.5%

☆店を選ぶ際は
 ・過去に行ったことがあるところ 42.9%
 ・口コミ            21.7%
 ・ぐるなびなど飲食情報サイト  13.6%

☆特別な外食で、いきつけの店を作る条件
 ・料理の味がよいこと  81.5%
 ・値段         50.0%
 ・店の雰囲気や接客態度 62.0%

★リーマンの時は10店位をローテーションしてましたが

世界のブロードバンド普及率調査

OECD(経済協力開発機構)の
 「世界のブロードバンド普及率調査」によると
 ・調査対象はOECD加盟30ヶ国

☆全ブロードバンド契約数
 ・05年6月版   1億3,600万件
 ・05年12月版   1億5,800万件(15%増)
 ※普及率は100世帯あたり13.6件

☆ブロードバンド加入率
 1位 アイスランド 26.7%(DSL25.9%)
 2位 韓国     25.4%
 3位 オランダ   25.3%
 4位 デンマーク  25.0%
 5位 スイス    23.1%
 6位 フィンランド 22.5%(DSL19.5%)
 7位 ノルウェー  21.9%
 8位 カナダ    21.0%(CATV10.8%,DSL10.1%)
 9位 スウェーデン 20.3%
10位 ベルギー   18.3%
11位 日本     17.6%(DSL11.3%,CATV2.5%,他3.8%)
12位 米国     16.8%(CATV9.0%,DSL6.5%)

☆ブロードバンドの加入者総数
 1位 米国  4939万人
 2位 日本  2252万人
 3位 韓国  1219万人
 4位 ドイツ 1070万人
 5位 英国   954万人
 6位 フランス 967万人

☆光ファイバー接続(FTTH)加入数
 1位 日本 460万人

★北欧は普及率が高いですね。
 夜が長いからかなあ。

男女間における暴力に関する調査

内閣府男女共同参画局の
 「男女間における暴力に関する調査」によると
 ・昨年11~12月
 ・全国の成人男女4500人にアンケート、2888人から回答

☆配偶者(事実婚・別居も含む)から
「暴行」「精神的嫌がらせや脅迫」「性的な行為の強要」の
 いずれかのDV被害経験がある
 ・被害経験がある女性        33.2%
 ・何度もあった女性         10.6%
 ・身体的暴行を受けたことがある女性 26.7%
 ・身体的暴行を受けたことがある男性 13.8%

☆10~20代の時に
 交際相手からの被害があった
 ・女性 13.5%
 ・男性  5.2%
 ・女性20代 22.8%
 ・女性30代 18.7%

☆異性から無理やりに性交された経験
 ・女性 7.2%
 ※その加害者 よく知っている人 66.7%

★身体的暴行を受けた時の
 相談方法や対応機関の認知度やレベルを
 高く維持したいですね。
 子ども達も連絡しやすく。