最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

携帯の利用アンケート

インフォプラントの
 「携帯電話の利用に関する調査」によると
 http://www.info-plant.com/dl/research/mobile/2005/051004-2.pdf
 ・携帯電話ユーザー16,833人
 ・05年9月6~13日

☆携帯電話からサイトにアクセスする頻度
 ・ほぼ毎日利用 73.8%
 ・週に2~3日  10.9%
 ・週に4~5日  10.4%
 ・週に1日程度  3.1%

☆男女/年代別
 ・男性50歳以上、女性40歳代以上を除く、
  どの年代も「ほぼ毎日利用」が7割を超えた。

☆携帯電話のパケット定額制サービスの利用
 ・対応機種で利用している           58.0%
 ・対応機種で現在利用していないが、今後したい 12.3%
 ・対応機種ではないが、今後利用したい     20.8%
 ・対応機種で、現在も今後も利用しない      5.9%
 ・対応機種ではなく、今後も利用しない      2.9%

☆パケット定額制サービス利用前と比べて増えた事は
 ・利用者では
  携帯サイトへのアクセス回数      87.4%
  一度に携帯サイトを見る時間      60.0%
  着信メロディや着うたのダウンロード数 45.6%
  メールの送受信数           36.9%

★パソ中心派と携帯派とで程度が違いますが、
 お気にサイトがあれば、チェックしに行きますよね。

住みやすい都市、調査

英エコノミスト誌系の調査機関EIUの
 「世界、都市の住みやすさ」によると
 http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/4306936.stm
 ・世界の127都市を対象
 ・環境や文化、教育、医療などの面から生活条件を分析

☆住みやすさ都市ランキング
 1位 バンクーバー
 2位 Melbourne
 3位 Vienna
 4位 Geneva
 5位 Perth
 6位 Adelaide
 7位 Sydney
 8位 Zurich
 9位 Toronto
10位 Calgary

16位 東京、パリ、モントリオール、ハンブルク
20位 大阪、神戸、ベルリンなど7都市

41位 香港
62位 台北
70位 上海、北京


 ※モノやサービス、社会基盤が充実し、
  危険が少ないと評価されたカナダ、オーストラリア、
  スイス、オーストリアの都市が上位を占めた。

 ※ワーストは
10位 Tehran
 9位 Douala
 8位 Harare
 7位 Abidjan
 6位 Phnom Penh
 5位 Lagos
 4位 Karachi
 3位 Dhaka
 2位 Algiers
 1位 Port Moresby

★カナダにオーストラリア、
 自然がたっぷりあって、文化も発達。
 スイスにオーストリア、
 金融も充実。

 日本もかなり上なのに
 物価と借金がマイナスですかね。

タイガース優勝で、アンケート

大阪府の「緊急アンケート」によると(日刊スポーツ)
 http://www.nikkansports.com/ns/baseball/f-bb-tp0-051004-0041.html
 ・優勝決定翌日9月30日~3日
 ・府政モニター登録500人、367人が回答。

☆具体的な行動(複数回答)
 ・バーゲンに行った 36%(前回42%)
 ・自宅で祝杯    22%(同27%)
 ・記念商品の購入  10%(同19%)
 ・自宅外でお祝いの会 7%(同9%)

☆道頓堀川への飛び込みをどう思うか
 ・恥ずかしい、気持ちは分かるがよくない 88%(同84%)
 ・大阪人らしくてよい           5%

☆阪神優勝で
 ・景気が良くなる 62%(同57%)

★府の予算で調べてくれました。

 村上氏の件で今後どうなるか。
 しかし、油断も好きもですね。

 来年の契約が全て、出来高給になったりして。

 楽天の黒字はすばらしいんですが、
 オーナーも野村氏も違和感あります。
 村上氏もどうもねえ。

化粧品業界では、調査

富士経済の
「チャネル別の化粧品市場動向調査」によると
 http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press/pdf/050930_05066.pdf
 ・専門調査員による対象調査
 ・05年7月~9月

☆05年市場見込み
《無店舗販売市場 4,231億円(前年比0.0%増)》

《店舗販売市場 1兆7,447億円(前年比0.1%減)》
 ※好調に推移してきた百貨店チャネルの伸びが鈍化。

 ・化粧品店・薬局・薬店
  3,122億円(前年比1.6%減)
   チャネル専用ブランドは好調、
   全チャネル対応ブランドは
   ドラッグストアや量販店にシフト

 ・ドラッグストア
  5,473億円(前年比1.5%増)
   カウンセリング品も割引販売で拡大。
   セルフセレクションは安さと企画品展開で大幅増加

 ・量販店
  3,120億円(前年比1.1%減)
   集客力低下や店舗減少、SM業態転換などで、
   カウンセリングブランドの取り扱いが大幅に減少。

 ・百貨店
  2,010億円(前年比0.3%増)
   大手外資プレステージブランドが鮮度低下で伸び悩み。
   RMK、SUQQU、シスレーなど中堅は伸び。

 ・バラエティショップ
  324億円(前年比0.3%増)
   駅構内小規模店舗や空港など立地が広がる。

 ・CVS
  906億円(前年比1.3%減)
   コーセーのCV専用「雪肌粋」など
   スキンケア大幅拡大。
   猛暑でサンタン・サンスクリーン剤需要も急拡大。

 ・業務用
  1,385億円(前年比0.4%減)
   ヘアカラーの髪ダメージでトリートメント好調推移。

★コンビニ、雑貨、ドラッグが優位
 量販、専門店が苦戦。百貨店プレステージは停滞。

 業種に関わらず、同じパターンです。

 専門店はより深化しないと。

アメリカ人は43%が仮病欠勤というアンケート

米の求人情報サイトCareerBuilder.comの調査によると(CNET)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051005-00000003-cnet-sci
 ・調査 8月
 ・2450人

☆ここ1年の間に少なくとも1回は仮病を使って
 仕事を休んだ経験がある
 YES 43%(04年調査では35%)

☆休暇をとる理由を意識しなくなっている。
 ・回答者の3分の1以上が、どちらも同じ休暇であると認識。

☆仮病を使って会社を休んだ理由
 ・気分転換をしたかったから
 ・睡眠不足を解消したかったから
 ・家事を片付けたかったから
 ・私用があったから

☆仮病を使って休んだ曜日
 1位 水曜日
 ※27%が「病休を使って」週の中休みをとった。
 ※月や金は上司に仮病と疑われやすい。

☆正当な理由なく欠勤した社員を解雇したマネージャー
 YES 23%

★グローバル化などといって
 アメリカ経済のマネばかりしていると
 モラルはどんどん落ちるわけです。

 ニューオールリンズでは警官も商店から略奪したし。

 日本人の長所である勤勉を、今後も継承できるかなあ。

憲法改正も、9条はまて、アンケート結果

毎日新聞の
 「憲法に関する世論調査」によると
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20051005k0000m010148000c.html
 ・9月2~4日
 ・全国4550人を対象、回答2418人

☆憲法改正に
 ・賛成 58%
 ・反対 34%

☆男女別では
 ・男性 改憲派62%、護憲派33%
 ・女性 改憲派54%、護憲派36%

☆世代別
 ・30、40代 改憲派が各65%
 ・20~60代の各年代で5割超え
 ・70代以上では賛成44%、反対40%と拮抗。

☆戦争放棄や戦力の不保持を定めた9条について
 ・変えるべきでない 62%
 ・変えるべきだ   30%

☆9条改正、男女別
 ・男性 変えるべきでない 57%  変えるべき 38%
 ・女性 変えるべきでない 67%  変えるべき 23%

☆9条改正賛成派にどの部分を変えるべきか
 ・戦力不保持と交戦権否認を規定した2項だけ変えるべき 50%
 ・戦争放棄を定めた1項と2項の「両方とも       35%
 ・1項だけ変えるべき                 13%

※改憲には衆参各院の総議員の3分の2以上の賛成による発議、
 国民投票で過半数の賛成が必要。
 自公は衆院の3分の2を超える327議席を獲得している。

★北朝鮮と中国のミサイルが日本に向いていて、危ない。
 台湾中国間の紛争が起きたら、日本も参戦せざるをえない。
 中国は日本のガスを掘ろうとしている。
 米軍需産業は高額な迎撃システムを買わせよう画策。
 ロシアはガスと北方領土を天秤にかけている。
 アメリカは世界中の経済を支配しようとしている。

 ほとんどの国の政策決定に賄賂が効果的、かつ日常茶飯事。

 各国共、ムチとアメで、甘い幻想は通用しない。
 国家は国益と権力者益優先で、良心なんてない。
 狂人や狂人国家があるから、防御は必須。

 理想社会を少しでも信じられた昔が懐かしい。

 例のホワイトバンドは詐欺に近いらしいし。

 あーあ。 【“憲法改正も、9条はまて、アンケート結果”の続きを読む】

音楽のネット配信が3.5倍に、連盟調査

国際レコード産業連盟のまとめによると
 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20051005AT2M0500405102005.html

☆今年上半期の世界のインターネット配信による音楽売上高
 ・前年同期比3.5倍の約7億9000万ドル(約900億円)
 ※音楽市場全体の約6%を占める規模
  価格低下などでCDやDVD販売は減少。

☆今年上半期の世界の音楽売上高
 ・132億ドル(同1.9%減)
 ※CDやDVDなどの売上高は、同6%強ダウン、

★ダウンロードがメインになるのは時間の問題で、
 CDショップは業態転換を迫られている。

 せちがらいけど、時代の流れ。