FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

新入社員のコミュニケーション、アンケート

産業能率大学の
 「新入社員のコミュニケーションスタイル調査」によると、
 http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?i=2005100205762aa

☆上司への報告や連絡の伝えやすさ
 ・口頭  53%
 ・メール 22.9%

☆上司からの指示
 ・口頭  55.1%
 ・メール 22.8%

☆取引先など外部との連絡
 ・メール  42.6%
 ・電話   38.2%

★内容によってメールは便利で正確。
 口頭はコミュニケーションとしても必須。
 使い分けするのが普通です。

企業メッセージの浸透度アンケート

日経BPの
 「コーポレート・メッセージ調査 2005」によると
 http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/release/cm051003.html
 ・有効回答16,411件
 ・05年7月

☆メッセージと企業名の「セット好感度」
 1位 花王
   清潔で美しくすこやかな毎日をめざして 57.0
 2位 カゴメ
   自然を,おいしく,楽しく。KAGOME   56.6
 3位 ライオン
   おはようからおやすみまでくらしに夢をひろげるLION
    55.9

☆企業名想起率
 1位 ロッテ   お口の恋人    91.3
 2位 味の素   あしたのもと   68.7
 3位 コスモ石油 ココロも満タンに 63.1

★お口の恋人は長いですねえ。
 最近、眠気覚ましや気分転換で、
 ガムを噛むことがあるんですが、
 濃いブラックか、昔ながらのグリーンです。

 どうも保守ですなあ。

退職と老後のアンケート

香港上海銀行の
 「退職と老後に関する意識調査」によると
 http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/400452
 ・ブラジル、カナダ、中国、フランス、インド、日本、
  香港、メキシコ、米国、英国の10カ国・地域の成人
 ・有効回答 1万1453人。
 ・インド、中国、日本が各約1400人、他は約1000人。

☆どの国・地域でも「病気になること」の割合が最も高く、
 ・日本 75%

☆日本人は、自分の老後について楽観的
 ・日本が最低の項目
  家族の重荷になる36%、記憶力の衰え26%、孤独16%、
  死10%、退屈9%、家を失うこと5%

 ・日本がブラジルに次いで2番目の項目
  生活費29%、配偶者より長生きする26%

☆日本人の老後に向けた準備
 ・新聞・雑誌などを読む   18%
 ・必要資金と収入の分析調査  7%
 ・友人・親族に相談      5%
 ・準備していない      67%

☆フランスが全項目で、懸念している人の割合が高かった

★楽観的って、幸せな環境にいるということでよね。
 何とかなるだろうと。
 
 確かに今の日本では
 安全で便利な生活をしていますから。
 
 環境やら赤字やら
 将来の懸案も工夫努力で、解決していきたいですね。

小中学生のメイクアンケート

ニコラクラブの
「夏休み中に購入したメイクグッズなど」によると
 http://www.girlslab.com/release/release050929.pdf
 ・05年9月2日~5日
 ・二コラクラブ会員(10~15歳中心)
 ・有効回答数 4136件

☆夏休み中にチャレンジしたおしゃれは?
 ・ネイルやネイルチップ 54.6%
 ・ペディキュア     46.8%
 ・メイク        43.0%
 ・髪のカラーリング    7.3%
 ・エクステ        6.1%
 ・パーマ         5.8%

☆夏休み中に買ったメイクグッズ
 ・グロス       31.2%
 ・色つきリップ・口紅 21.2%
 ・マスカラ      21.1%
 ・アイライナー    11.8%
 ・アイシャドウ    10.9%
 ・チーク        9.6%
 ・ファンデーション   6.7%
 ・アイブロウ      5.4%

※天使のくちびる、もぎたて果実(ともにロート)
 KATE(カネボウ)、メイベリン、100円均一店などが人気。

★グロスって知ってました?
 ピカピカする口紅ね。GLASSなんですよ。
 管理人は知らんかった。^^;

気になる言葉づかいアンケート

日経の
「最近の言葉づかいで気になるもの」によると
 http://www.nikkei.co.jp/p1/ranking/
 ・読者モニターネット調査。
 ・8月下旬
 ・予備調査から34候補から5つ選択
 ・有効回答 1122。

☆気になるもの言葉づかい
 1位 ○○でよろしかったでしょうか 499
 2位 ○○円からお預かりします   414
 3位 私って○○じゃないですか   329
 4位 ○○のほう          323
 5位 私的には           252
 6位 ゲロうま           236
 7位 初対面なのに友達のような口調 235
 8位 語尾を上げる話し方      224
 9位 うざい            215
10位 目上の人に対する「ご苦労さま」194

★管理人は全部気になります。
 1位2位は接客マニュアルから削除してほしいです。

ニートと会社員の意識の違いアンケート

アイブリッジの
 「働くことへの意識の違いについて」によると
 http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/400497
 ・18歳~35歳のニートと会社員
 ・8月15~19日
 ・ネット調査
 ・有効回答数は600。ニート300人、会社員300人。
  それぞれ男女同数。

☆ニートに、ビジネスマンにあこがれるか
 NO 60.9%

☆ニートに、有名企業/大企業に就職する機会があっても、
 就職しない
 YES 57.3%
  有名企業や大企業で働く自信がない 40.7%
  就職以外にやりたいことがある   18.6%
  大企業や有名企業で働きたくない  18.0%

☆ニートに、現在の生活で最も満足すべき点を尋ねたところ、
 ・時間的余裕 54.0%

☆現在の生活の満足度をパーセントで表すと
 ・平均 40.3%

☆会社員に、ニートをうらやましいと思うか
 ・NO 91.7%

☆会社員に、働かず生活できる環境があったらニートになるか
 ・NO 82.7%
   収入がなくなる       50.8%
   自己実現につながらなくなる 48.8%
   ひまになってしまう     44.0%

☆会社員に、現在の生活で最も満足すべき点
 ・家族との関係    19.0%
 ・友人・知人との関係 18.0%
 ・仕事の内容     17.7%
 ・時間の使い方    14.0%

☆会社員に、現在の生活の満足度をパーセントで表すと
 ・平均 58.3%

★大分、考えなどが違います。

 多様な生活があっていいけど、
 なんとしてでも、自立はしないとね。

子どもの体力低下に関するアンケート

サンケイリビング新聞の
 「子どもの体力低下に関する調査」によると
 http://www.sankeiliving.co.jp/special_news/20050924_2.shtml
 ・ウェブサイト上アンケート
 ・05年9月8日~12日
 ・幼稚園・保育園児~中学生までの子どもを持つ女性813人
 ・平均年齢37.7歳
  幼稚園・保育園児376人46.2%、
  小学校低学年149人18.3%、小学校中学年97人11.9%、
  小学校高学年94人11.6%、中学生97人11.9%

☆最近の日本の子どもは体力が低下していると思う
 YES 77.0%
 NO   7.6%

☆感じたシーン
 ・テレビや新聞の報道を見たとき     55.3%
 ・運動会や遠足などの行事に参加したとき 48.7%。
 ※子どもの年代が上がるにつれ、
  行事に参加したときが増加。

☆自分の子どもが体力が不足していると思うか
 YES 45.0%
 ※YESが少ないのは幼稚園児の母親で36.7%。
  多いのは中学生の母親で、57.7%。

☆もっと子どもに体力をつけさせたい
 YES 89.1%
 ※「すぐ疲れたと言う」が特に多い。

☆子どもの体力づくりに、母が意識してやっていること
 1位 食事に気をつける       43.3%
 2位 日常生活で体を使うように指導 43.0%
 3位 運動系の習い事をさせる    36.1%
 4位 親子でスポーツや野外活動   22.4%

☆人気のスポーツ
 ・幼稚園~小学校 1位 スイミング
 ・幼稚園     2位 体操・新体操
 ・小学校低学年  2位 サッカー
 ・小学校中学年  2位 サッカー、3位 武道
 ・小学校高学年  2位 武道、3位 サッカー
 ・中学校     野球、バスケ、卓球、バトミントン

☆子どもの体力と健康をめぐる問題で一番気になること
 1位 運動量の不足
 2位 運動能力の不足
 3位 食の細さ・偏食
 4位 体の細さ・小ささ
 5位 アレルギー・喘息

★山や川で毎日遊べた日々はもう戻りません。

 外で遊ばない、遊べない社会環境になりました。
 安全で、時間も決まった、クラブ活動しかありません。

 夏休みのキャンプや合宿もぜひ体験させましょう。

 菓子類や飲料の取りすぎも心配。
 小学生以下は「コンビニ出入り禁止」「カップ麺禁止」
 というのは横暴ですかね。