最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

危険な航空会社

フランス民間航空局が公表した
 「安全管理上から同国への着陸が
  禁じられている航空会社のブラックリスト」によると

☆着陸禁止6社は
 ・朝鮮民主主義人民共和国の高麗航空
 ・タイのプーケット航空
 ・米国のセントトーマス航空
 ・リベリアの国際航空
 ・モザンビークのトランスエアウエーズ、
 ・モザンビークのLAMモザンビーク航空

 ※EUも同様のリストを半年以内に公表する方針。

★北朝鮮は誘拐、偽札、麻薬に密輸の
 常習犯ですから、わかるとしても
 他の5社はどうなんでしょう。

 犯罪がらみかなあ。

 いやいや、
 やはり整備不良の危険性のようでした。

 米、英、スイスもこれまでに公表済。

アメリカでの対仏世論調査

仏フィガロマガジンの
 米での「フランスに関する電話世論調査」によると(毎日)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20050829k0000m030108000c.html
 ・7月6~10日

☆名前を答えられる
 シラク大統領  34%
 ドビルパン首相 13%

☆フランスの印象に最もふさわしい形容詞
 ・高慢  29%
 ・開放的 28%
 ・民主的 15%
 ・有能  15%

☆フランスの国家イメージ
 ・自由の国         69%
 ・宗教を自由に実践できる国 69%
 ・人権の国         62%

☆共和党支持者は
 ・斜陽の国    69%
 ・反米国家    67%
 ・反ユダヤ主義国 48%


★管理人も首相の名前は分かりませんでした。残念!

 でも、さすがにアメリカ国民
 他国にはほとんど関心がありません。

 自由の国って、
 自由の女神を贈ってくれた国という意味かなあ。

 共和党支持者の、斜陽、反米国家、というのは
 無知というか、洗脳され放題まるだしですが、
 
 アメリカという国の恐ろしさでもありますね。

 どうせ傀儡なら、大統領はスタローンとかどうでしょう。
 パパブッシュが、嫌がるかな。

世帯予測2025年

厚生労働省国立社会保障人口問題研究所の推計によると
 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050825STXKE041625082005.html

☆2025年
 ・すべての都道府県 1人暮らし世帯割合がトップ、
  日本全体の34.6%
 ・平均世帯人員低下 東京で1.98人と初めて2人を割る
 ・世帯主が75歳以上も 2割
 ・4964万世帯(15年の5047万世帯がピーク)

☆世帯数
 ・今年まで    全都道府県で増加
 ・2010年にかけて 秋田、山形、山口、長崎で減り始める
 ・25年までに   宮城、滋賀、沖縄を除き減少

★高齢と1人暮らし増加という傾向は間違いありません。

 が、厚労省の以前の予測より、
 2年も早く、人口減少が現実になりました。

 官僚は、国民や国の為より、
 自分たちの権益や予算獲得、
 あるいは、新しい特殊法人や補助金制度を
 作るのを優先させてきました。

 公正なチェック機能が働かないと、
 予測や数値も操作の可能性が。

企業のSEO,RSSに関するアンケート

日経BPコンサルティングの
 「SEO、RSSについてのアンケート調査」によると
  http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/it/394054
 ・調査 05年7月
 ・企業Webサイト 125社(回収率17.9%)

☆検索エンジン最適化(SEO)対策
 ・実施している          52.0%
 ・実施したことはないが検討したい 27.2%

☆SEO実施企業の成果への評価
 ・満足        13.3%
 ・やや満足      38.7%
 ・どちらともいえない 42.7%

☆検索エンジン対策の不満点
 ・検索結果の上位に上がらなかった     28.8%
 ・検索結果の上位に上がった時期が短かった 17.8%
 ・検索エンジンからの誘導が増えなかった  13.7%

☆ビジネスブログ
 ・現在導入している      5.6%
 ・将来導入したい      36.8%
 ・分からない・回答できない 52.8%

☆RSSについて
 ・RSSを生成し、公開している 6.4%
 ・外部のRSSを取り込んでいる 1.6%

★実態もこんなものでしょうね。

 SEOは、まあブラックボックスですから。
 対策で、上がる可能性は多々ありますが、
 インチキもあるし、非合理性な面もあるし、
 最終的にはテーマと中身ですものね。

 ブログも社長さんのキャラと資質しだいでしょう。

 自戒も込めて、がんばりまっしょい。

ペットビジネスのアンケート

電通トレンドボックスの
 「ペット市場の現状と今後」によると
 http://www.dentsu.co.jp/trendbox/topics/2005/050825.html
 ・インターネット調査
 ・05年6月24~27日
 ・20~50代男女 犬166、猫162

☆利用している商品・サービス(犬)
 1位 ペットフード    95%
 2位 おやつ       75%
 3位 シャンプー&リンス 70%
 4位、ペットサロン    47%
 5位 衣類        40%

☆利用している商品・サービス(猫)
 1位 ペットフード    95%
 2位 トイレ関連     89%
 3位 おもちゃなどの小物 61%
 4位 消臭剤       59%

☆今後、利用・購入したい商品・サービス(犬)
 1位 ペットと宿泊できるホテル     32%
 2位 ペット専用ホテル         23%
 3位 ペットパーク(ドッグラン)    22%
 4位 ペット同伴可能レストラン・カフェ 21%

☆今後、利用・購入したい商品・サービス(猫)
 1位 サプリメント   20%
 2位 ペット保険    18%
 3位 ペット葬儀・霊園 17%

☆ペットにかかる費用(月平均)
 ・犬 8,029円
 ・猫 7,691円。

★今後、1人暮らしの比率が増えると
 ペット関連はもっと需要が増えそうですね。

 カブトムシも爆発的なブームのようですし。