FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

がんの5年生存率

国立がん研究センターの
 「がんの5年生存率・最新データ」によると
・2010~11年にがんと診断された318病院65万人の5年後生存率
・がん以外の死因の影響は除いた
・患者平均年齢、67.2歳

☆2010~11年にがんと診断された65万人の5年後生存率
・全体 66.4% 0.3ポイント上昇。

・女性乳房 92.2%
・喉頭 80.6%、男性が約9割を占める
・腎 80.1%、
・大腸 72.6%
・胃 71.4%
・腎盂尿管 49.0%
・肺・気管 41.4%
・胆のうがん 29.3%

※13年に診断された人の3年後生存率
・全体 72.4%、0.3ポイント改善

・女性乳房 95.3%
・大腸 78.6%
・胃 76.3%
・肝臓 54.2%
・肺・気管 51.7%

★肺・気管がなかなか厳しい。

 国立がん研究センターの統計によると、
 男性のがんになる確率 男性62%、女性47%
 がんで死亡する確率 男性25%、女性16%

高齢者の体型(肥満度)と認知症、死亡リスク

日本老年学的評価研究機構の
 「体型と認知症発症率」によると
 ・65歳以上高齢者3696人対象、約6年間の追跡調査
  うち338人が認知症発症

☆体型別(BMI)の認知症発症率
・やせている男性 標準体型男性の1.04倍
・やせている女性 標準体型女性の1.72倍

・太っている男性 標準体型男性の0.73倍
・太っている女性 標準体型女性の0.82倍

※もっとも認知症リスクが高いの、
 やせて、高血圧、高コレステロールの人


※他の高齢者(65~79歳)11年間追跡研究では、
 ・女性の死亡リスク最少 軽度肥満(BMIが23~24.9)、
 ・男性   〃     中等度肥満(BMIが27~29.9)

 在宅療養の高齢者の平均BMIは、18.1

 アメリカの研究で、高齢者のBMI
 ・軽度肥満(BMI 25前後)が、もっとも要介護になりにくい
 ・中等度肥満(BMI 27前後)がもっとも死亡リスクが低い
 ・標準体形(BMI 22)の死亡リスクは中等度肥満の1.4倍

★高齢者は少し太っていろと。
 散歩や水泳、ラジオ体操など軽い運動もしてね。

OECD、医療に関する報告書

経済協力開発機構OECDの
 「2019年版の医療に関する報告書」によると
 ・OECD加盟36国と新興国の医療を隔年報告
 ・44カ国の2017年データから

☆1000人あたり病床数
・日本 13.1床、1位
・加盟国平均 4.7床

☆平均在院日数(17年、入院期間)
・日本 16.2日、韓国18.5日に次ぐ2位
・加盟国平均 7.7日

☆現役医師数、人口1000人当たり
・日本 2.4人
・平均 3.5人

☆女性医師の割合(比較可能な36カ国)
1.ラトビア 74%
1.エストニア 74%
平均 48%

33.米国 36%
33.ルクセンブルグ 36%
35.韓国 23%
36.日本 21%、最少

★日本と韓国が異常に低い!

☆人口10万人当たりの医学部卒業生数(比較可能な35カ国)
1.アイルランド 24.9人
2.デンマーク 21.5人
3.リトアニア 19.3人

33.韓国 7.6人
34.イスラエル 6.9人
35.日本 6.8人、最少

☆現役看護師数、人口1000人当たり
・日本 11.3人
・平均 8.8人

☆医療への公的財源からの支出
・日本 84%
・平均 71%

☆1人当たり医療費、GDP比
・日本 11%、独仏がほぼ同等
・平均 8.8%

☆高額医療機器の100万人当たり台数
《コンピューター断層撮影装置CT》
・日本 112.3台、だんとつ1位

《磁気共鳴画像装置MRI》
・日本 55.2台、だんとつ1位

★最新機械導入が進んでいる日本


☆後発薬の利用(医薬品市場全体での量)
・日本 40%
・加盟国平均 52.4%
※チリ、ドイツ、ニュージーランド、英国は4分の3が後発薬

☆寿命
・日本 84.2才、最長
・平均 80.7才

☆過体重、肥満の割合(BMI25以上)
・日本 25.9%、最少
・平均 55.6%

☆成人の喫煙率、毎日喫煙
・平均  18%

☆アルコール消費量、1人当たり
・平均 年9リットル(純アルコールベース)
 ワインボトルほぼ100本

☆大気汚染による死亡率、10万人当たり
・平均 約40人
・インドと中国 約140人

★大量高齢者への対応が進む日本。

 安楽死も議論を進めなければ。

認知症原因で行方不明届が出された人数

警察庁の
「2018年、認知症原因で行方不明届が出された人」によると

☆2018年、認知症が原因で行方不明届が出された人
・1万6927人、1064人
 6年連続過去最多更新、統計開始12年の1.7倍

☆結果
・当日に無事確認 71%、1万1905人
・2~7日以内の発見 25%
・死亡 3%、508人、徘徊中交通事故など

☆認知症が原因で行方不明になった人の年齢、性別
・80歳以上 52%、8857人
・70代 39%、6577人
・60代 8%、1353人

・男性 55%、9274人
・女性 45%、7653人

★高齢者数は女性がずっと多いが、
 しっかりバアちゃんが多い

※認知症、15年で推計520万人、
     25年730万人の見込み

★GPSを簡単に付けられれば。

介護費用の実態調査

損保ジャパン日本興亜の
 「介護費用の実態調査」によると
 ・2018年12月11~15日、インターネット調査
 ・過去3年以内に親または配偶者の介護経験があり、
  現在介護終了の全国20~69歳男女、有効回答1539名

☆介護費用、総額平均
・787.2万円

・入居型施設利用 1164万円、48.0カ月
・在宅同居介護 655万円、42.9カ月
・在宅別居介護 415万円、36.9カ月

☆初期費用平均
・98.1万円
1.自宅改修 495人、132万円
2.入居施設一時金 310人、 67万円
3.医療費 802人、 50万円
4.福祉用具 811人、 26万円
※その他 17人、115万円

☆月額費用
平均 12.7万円

1.入居施設利用料 394人、20万円
2.訪問介護 626人、12万円、ホームヘルパー等
3.医療費 998人、 8万円
4.通所介護 750人、 8万円、デイサービス等
5.福祉用具レンタル 754人、 4万円
6.おむつなど消耗品 972人、 3万円
※その他 33人、 5万円
※かからなかった 107人

☆介護保険
・公的介護保険を利用 73%
・公的と民間と両方利用 10%
・利用せず 16%

☆介護期間の平均
・3年7ヶ月

☆働き方の変化(複数回答)
・あった 44.5%
1.時短勤務など 18.6%
2.退職 14.4%
3.転職 7.0%
3.勤務地変更 4.8%
4.役職を解いた 3.8%
5.異動した 2.7%

※公的介護保険の月支給額は、うち1割自己負担で
要支援1ー50030円、要支援2ー104730円、
要介護1ー166920円、要介護1ー196160円、要介護1ー269310円
要介護4ー308060円、要介護5ー360650円

施設の食費や滞在費などは公的介護保険給付対象外

★お金がかかります。