最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市の人の動き

国交省の
 「2015年度・全国都市交通特性調査(速報)」によると
 ・全国70都市、都市の人の動きを概ね5年に1度調査。

☆調査日に外出した人の割合
・平日 80.9%
・休日 59.9%

※87年調査開始以来最低
 買い物や食事の外出回数も大きく減

☆一日の移動回数、87年調査開始以来最低
・平日 2.17回
・休日 1.68回、20代1.43回、70代1.60回


☆移動する交通手段
・三大都市圏 平日、公共交通と自動車が共に約3割
休日、自動車が5割

・地方都市圏 平日、自動車が6割近く
休日、自動車が7割

☆自動車利用率(平日)
・三大都市圏 05年をピークに減少
・地方都市圏 引き続き増加傾向

☆公共交通利用率(平日)
・三大都市圏 増加傾向
・地方都市圏 横ばい

★通販に高齢化。
 エコはチャリか歩きだけど
スポンサーサイト

5~17歳、学校保健統計調査

文科省の
 「学校保健統計調査・平成28年度速報」によると
 ・今年4~6月、5~17歳、発育状態69万人、健康状態343万人対象
 ・1948年度から毎年実施

☆身長、平成6~13年度ピークに横ばい
・8歳 男128.1cm、女127.2cm
・11歳 男145.2cm、女146.8cm
・14歳 男165.2cm、女156.5cm
・17歳 男170.7cm、女157.8cm

※男17才ピークは170.9cmで94、96~98、01、06年度
 女17才ピークは158.1cmで94、96、98~00年度

 親世代(昭和61年度)と差が大きいのは
 男子で12歳2.5cm高い、女子10歳1.3cm高い

☆体重は平成10~18年度以降、減少傾向
・17歳男子 62.5kg(ピークは06年度63.9kg)
・17歳女子 52.9kg(ピーク05,06年度53.7kg)

★17歳の平均BMIは男21.3、女21.2で完璧。
 BMIは18.5以下痩せすぎ、25.0以上肥満、18.5~25.0健康なので、
 健康のどまんなか!

☆むし歯は中学校および高校で過去最低
・幼稚園 35.64%、過去最多
・小学校 48.89%、過去最多

・中学校 37.49%、過去最低
・高校 49.19%、過去最低

※70~80年代は小中高とも90%台

★歯磨きが徹底してきた。

☆裸眼視力1.0未満の者、小中高で過去最高
・小学校 31.46%
・中学校 54.63%
・高校 65.98%

★スマホや携帯ゲームで眼に過負荷。

EU加盟28カ国の健康リポート

経済開発協力機構OECDと欧州委員会の
 「EU加盟国28カ国の健康リポート」によると

☆EU全体の平均寿命
・2014年 80.9歳
 1990年74.2歳から6.7歳向上

☆がんなど深刻な病気に最初にかかる年齢
・EU平均 61.5歳

※マルタやスウェーデンは70歳過ぎ

☆死因となったがんの部位
1.乳がん 13.8%
2.前立腺がん 13.6%
3.腸がん 13.0%
4.肺がん 11.8%

※心臓疾患に次いで多い死因ががん

☆自殺者の割合
・EU平均 10万人中15、
※男性は女性の4倍

1.リトアニア 37人

26.イタリア 6人
27.ギリシャ 5人
28.キプロス 4人

★南欧は自殺が少ない。

美肌県グランプリ2016

ポーラの
 「ニッポン美肌県グランプリ2016」によると
 ・昨年9月から今年8月まで全国65.4万件の女性肌データを分析
 ・毛穴が目立たない、きめが整っているなど6項目

☆美肌ランキング・都道府県2016
1.広島 75.0
  くすみがない 2位
  シミができにくい 5位
  毛穴が目立たない 2位
  ニキビができにくい 30位
  キメが整っている 5位
  肌がうるおっている 46位

  水蒸気密度 33位
  日照時間 32位
  生活習慣 24位
  肌荒風 突風型
  毛穴熱風 影響無し

  ※UVケアなど気象環境を考慮した美容意識の高さが要因

2.島根 74.7、昨年まで4年連続トップ
  水蒸気密度 11位
  日照時間 7位
  生活習慣 31位
  肌荒風 影響無し
  毛穴熱風 影響無し

3.鳥取 66.5
4.愛媛 65.2
5.秋田 64.5

6.石川 62.6
7.新潟 62.3
8.富山 59.3
9.京都 58.1
10.東京 57.7

43.大分 37.5
44.栃木 37.1
45.茨城 35.3
46.沖縄 35.0
47.群馬 30.8

★北関東が下位に。冬のからっ風。
 中四国、東北北陸が上位。

医療費(概算)・2015年度

厚労省の
 「2015年度医療費(概算)」によると
 ・概算医療費は医療機関からの診療報酬請求に基づく集計の
  速報値で、労災や全額自己負担医療費は含まない。

☆2015年度医療費(概算)
・41.5兆円、3.8%増。初の40兆円超え
 高齢化と高額薬剤使用頻度が増え、13年連続過去最高。

・入院 16.4兆円、1.9%増、構成比39.5%
・通院 14.2兆円、3.3%増、 〃 34.3%
・歯科 2.8兆円、1.4%増、 〃  6.8%
・調剤 7.9兆円、9.4%増、 〃 19.0%

☆2015年度・1人当り医療費
・32.7万円、3.8%増
  75歳以上は94.8万円と75歳未満の4.3倍。

★75歳以上の高額治療費を健康向上に回しましょう。


☆施設別・平均医療費
・大学病院 173億2978万円
・公的病院 51億7788万円
・法人病院 16億9500万円
・個人病院  7億7146万円
・診療所  1億0188万円

・歯科・病院    8547万円
・歯科・診療所    3980万円

★歯科医は経済的に厳しい

☆主な診療科別・医科診療所入院外・1日当たり医療費
・内科 8384円
・小児科 5271円
・外科 6543円
・整形外科 3981円
・皮膚科 3941円
・産婦人科 6044円
・眼科 6989円
・耳鼻咽喉科 4266円
・その他 8369円


☆都道府県別・1人当医療費
 (市町村国民健康保険+後期高齢者医療制度)
1.高知 65.8万円
2.山口 64.5万円
3.佐賀 62.8万円

45.沖縄 44.2万円
46.埼玉 43.8万円
47.千葉 43.1万円

※同・年齢補正後
 1.福岡、2.高地、3.佐賀
 45.静岡、46.千葉、47.新潟

★会社員とその家族の社会保険6440万人と、
 公務員900万人と家族の共済保険が別。


※13年度国民医療費・制度別
 合計 40兆610億円
 ・患者負担  5.0兆円(12.5%)

 ・協会けんぽ  4.5兆円(11.2%)
 ・健保組合  3.3兆円( 8.3%)
 ・共済組合  1.0兆円( 2.6%)、公務員、私学
 ・国民健康保険  9.5兆円(24.0%)
 ・その他労災など  0.3兆円

 ・後期高齢者医療給付  13.1兆円(32.7%)
 ・公費負担医療給付  3.0兆円( 7.4%)、
  (生活保護、障害者、母子、児童等)

★75歳以上の後期高齢者医療は原則1割負担。
 残り給付分の負担割合は
 保険50%、国33.3%、県8.3%、市町村8.3%


★健康寿命は男性71歳、女性75歳と、平均寿命との差が大きいが、
 健康寿命は自己記入の「国民生活基礎調査」で、
 健康上の問題で日常生活に何か影響がありますか?
 現在の健康状態はいかがですか? の回答からで客観性は低い。

 他に、高齢者が死亡までに介護を要する期間が
 男性2年弱、女性3年半程という推計もある。
 平均寿命-健康寿命の差よりずっと少ない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。