FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

健康な国指数ランキング

ブルームバーグの
 「健康な国指数ランキング」によると
 ・169国対象
 ・平均寿命や公衆衛生やきれいな飲料水といった環境要因など
  喫煙や肥満といったリスク要因は減点

☆健康な国指数ランキング
1.スペイン 92.8 前回6位
2.イタリア 91.6 同 1位
3.アイスランド 91.4 同 2位、高福祉
4.日本 91.4 同 7位、健康な和食
5.スイス 90.9 同 3位
6.スウェーデン 90.2 同 8位
7.オーストラリア 89.8 同 5位
8.シンガポール 89.3 同 4位
9.ノルウェー 89.1
10.イスラエル 88.2

12.フランス 86.94
16.カナダ 85.70
17.韓国 85.41
19.英国 84.28
23.ドイツ 83.06
35.アメリカ 73.02
52.中国 62.52

※トップ10のうち6カ国がヨーロッパ

★スペイン、イタリアとくれば、
 トマト・オリーブオイル・ワインに魚介も。

pm2.5汚染度、2018国別・都市別ランキング

大気汚染調査機関エアビジュアルの
 「pm2.5汚染度、2018国別ランキング、
  World most polluted countries 2018 (PM2.5)」によると

※日本の基準は年平均15μg/m3以下、かつ1日平均35μg/m3以下
 WHO指針は年平均10μg/m3以下、かつ1日平均25μg/m3以下

☆2018年の国別、年平均pm2.5濃度
 World most polluted countries 2018 (PM2.5)
1.Bangladesh 97.10
2.Pakistan 74.27
3.India 72.54
4.Afghanistan 61.80
5.Bahrain 59.80

6.Mongolia 58.50
7.Kuwait 56.00
8.Nepal 54.15
9.UAE 49.93
10.Nigeria 44.84

11.Indonesia 42.01
12.China 41.17

27.South Koria 24.01
31.Turkey 21.90
33.Mexico 20.29
34.Hong Kong 20.20
39.Taiwan 18.54
44.Brazil 16.29
46.Italy 14.95

53.France 13.16
54.Germany 13.01
55.Japan 12.00
57.Swizerland 11.63
58.Russia 11.42
61.UK 10.83
65.USA 9.05
66.Canada 7.91

71.Australia 6.82
72.Finland 6.57
73.Iceland 5.05

★上位は南アジアと中東産油国、
 年平均40以上はかなりやばい。

 空気がきれいな下位は北欧とオセアニアで、人口密度少ない
 日本は環境省基準よりは低い、WHO指針はオーバー


☆世界約3000都市対象、年平均pm2.5濃度
1.Gurugram(インド) 135.8
2.Ghaziabad(インド) 135.2
3.Faisalabad(パキスタン) 130.4
4.Faridabad(インド) 129.1
5.Bhiwadi(インド) 125.4
6.Noida(インド) 123.6
7.Patna(インド) 119.7
8.Hotan(中国) 116.0
9.Patna(インド) 115.7
10.Patna(パキスタン) 114.9

11.デリー(インド) 113.5
17.ダッカ(バングラディシュ) 97.1
27.Xingtai晋江市(中国) 76.7

72.ウランバートル(モンゴル) 58.5
93.ドバイ(UAE) 55.3
100.カトマンズ(ネパール) 54.4
122.北京(中国) 50.9

※インドは年間ワースト30都市に22都市がランクイン。

※世界約3000都市の年平均で、64%が世界保健機関WHO基準の
 1m3当たり10マイクログラムを上回っている

※5日に韓国ソウルが188で世界1位、2位も韓国仁川市180。
 中国北京が45で58位。
 文大統領中国政府と協議して緊急対策を講じるよう指示したが、
 中国は「中国からきたもか十分な根拠があるのか分からない。
 中国のせいばかりにせず、韓国で管理すべき」とした。

★インド、パキスタン、バングラの劣悪上位国は
 インフラ改善の予算が...

温暖化対策の国別ランキング

独ジャーマンウオッチなどの
 「温暖化対策の国別ランキング、
  Climate Change Performance Index」によると
 ・世界56カ国とEU対象
 ・国民1人当温室効果ガス排出量、再生可能エネルギー割合など
  14指標を分析
 ・開催中のCOP24で発表、

☆温暖化対策の国別ランキング
1~3.該当なし
4.スウェーデン 76.28
5.モロッコ 70.48
6.リトアニア 70.47
7.ラトビア 68.31
8.英国 65.92
9.スイス 65.42
10.マルタ 65.06

11.インド 62.93
12.ノルウェー 62.80
13.フィンランド 62.61

21.フランス 59.30
22.ブラジル 59.29
23.イタリー 58.69
27.ドイツ 55.18
33.中国 49.60

49.日本 40.63
52.ロシア 37.59
54.カナダ 34.26
55.オーストラリア 31.27
56.台湾 28.80
57.韓国 28.53
59.米国 18.82
60.サウジアラビア 8.82

★現在の対策なので、原発停止中の日本はインドや中国より下。
 カナダなんか6割が水力発電なのに、さらに下。

住みたい街(駅)ランキング

長谷工アーベストの
 「住みたい街(駅)ランキング2018」によると
 ・14回目

☆住みたい街(駅)ランキング2018
1.吉祥寺 14年前の初回から連続首位
  井の頭公園に近い、買い物が便利
2.横浜 前年3位
3.恵比寿 同4位
4.池袋 同10位
5.品川 同6位
  再開発進む
6.自由が丘 同4位
7.武蔵小杉 同2位
  人口急増で朝ホームが混雑、保育施設不足
7.北千住 同8位、16年20位圏外
7.新宿 同10位
7.二子玉川 17位から浮上
11.中目黒 18位から浮上
11.赤羽 19位から浮上、16年20位圏外

★赤羽、北千住が着実にアップ

ニッポン美肌県グランプリ、ポーラ

ポーラの
 「ニッポン美肌県グランプリ、2018」によると
 ・2012年から
 ・17年9月~18年8月接客した20歳以上顧客56万4608人を分析
 ・潤い、キメ、毛穴、シワ、くすみ、シミ、ニキビ、
  マイクロダストの8項目を調べた。

☆ニッポン美肌県ランキング
1.島根 前年6位、3年ぶり首位、生活のストレス軽減、食習慣改善
2.秋田 同3位
3.石川 同2位
4.富山 同1位
5.京都

6.愛媛
7.奈良 同17位
8.和歌山 同28位
9.山梨
10.岡山

12.東京
16.大阪
28.北海道

38.岩手
39.熊本
40.岐阜
41.沖縄
42.宮城
43.鳥取 同33位
44.埼玉 同25位
45.茨城 同45位
46.大分 同46位
47.群馬 3年連続最下位、からっ風で

※日本海側に面した、空気中水分が多く、日照時間の短い県が上位

★群馬・茨城は乾燥してるけれど、大分は?