FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

今夏、熱中症で救急搬送された人数

総務省消防庁の
 「今夏(5~9月)に熱中症で救急搬送された人数」によると

☆今夏(5~9月)に熱中症で救急搬送された人数
・緊急搬送 9万5137人、1.8倍
  うち7月が5万4220人で過去最多
・同・死亡  160人、3.3倍
  うち7月が133人で過去最多

☆搬送者の内訳
・65歳以上 48.1%
・18~65歳未満 37.0%
・7~18歳未満 13.9%

☆同・発生場所
・住居 40.3%
・道路 13.4%
・屋外 12.8%

☆死者、都道府県別
1.愛知 14人
2.埼玉 13人
3.大阪 12人

★猛暑でした。年々暑くなるのか。

平成29年度医療費

厚労省の
 「平成29年度医療費」によると
 ・速報値で、労災・全額自費等を含まない概算医療費
 ・医療機関などを受診し、傷病の治療に要した費用全体の
  推計値である国民医療費の約98%相当

☆平成29年度医療費
・合計 42.2兆円、2.3%増

・75歳以上 16.0兆円、4.4%増

・75歳未満 24.1兆円、1.0%増
  被用者保険  12.8兆円、3.9%増
  国民健康保険 11.3兆円、▲2.2%

・公費 2.1兆円


☆同・診療種類別
・入院 17.0兆円、2.6%増
・入院外 14.4兆円、1.6%増
・歯科 2.9兆円、1.4%増
・調剤 7.7兆円、2.9%増
・訪問看護療養  0.22兆円、16.4%増


☆1人当り医療費、年
・平均 33.3万円

・75歳以上 94.2万円
・75歳未満 22.1万円
  被用者保険  16.7万円
  国民健康保険 34.9万円

★後期高齢者の高額費用。

 延命への根本的議論が必要。

 医者要らずの健康な人もたくさん。


☆1日当り医療費
・平均 1万6500円

・入院 3万6200円
・入院外 8700円
・歯科 7000円
・調剤  9200円
・訪問看護療養 1万1100円

☆主な診療科別、医科診療所の医療費
・合計 8兆6531億円、1.1%増

・内科 4兆1284億円、0.9%増
・小児科   3474億円、0.1%増
・外科   4176億円、▲3.8%
・整形外科   9448億円、2.9%増
・皮膚科   3299億円、1.2%増
・産婦人科   2449億円、▲0.2%
・眼科   7679億円、3.0%増
・耳鼻咽喉科   4258億円、2.0%増
・その他 1兆0462億円、1.6%増

☆1施設当り医療費
・病院 26億9691万円
  大学    181億2859万円
  公的 54億0389万円
  法人 17億4689万円
  個人 7億4641万円

・診療所 1億0160万円

・歯科
  病院   8992万円
  診療所   4086万円

・保険薬局 1億3479万円

★歯科医は大幅過剰で、経営がかつかつ。

 金儲けなら美容整形!!

75歳以上ドライバーの認知機能検査

警察庁の
 「75歳以上ドライバーの認知機能検査について」によると
 ・17年3月改正道路交通法施行から、認知症の恐れ判定された
  全ての人が診断対象になり、逆走などの違反者も検査対象に。

☆3月末まで施行1年の、75歳以上ドライバー検査
《第一段階》
・検査を受けた 210.5万人、

《第二段階》
・うち認知症の恐れ判定 5.7万人
・うち再検査で医師の診断を求められた  4.1万人

《第三段階》
・免許を自主返納、更新せず失効させた 2.0万人
・実際に受診 1.6万人

《第四段階》
・認知症と診断され、免許取り消し、停止 1892人
・ 同 取り消しなど手続き中 1515人

※同庁は高齢ドライバーの交通事故は複合的要因で起き、
 認知症だけでなく、防止対策を総合的に進めるとした。

★75歳から1年更新にし、反射速度や視野角のテストも加えるべき。

介護職員の受けたパワハラ、セクハラ

日本介護クラフトユニオンの
 「介護職員の被ハラスメント調査」によると
 ・組合員7.8万名対象、回答2411人
 ・18年4月10日~5月31日、組合員向け機関誌に同封して配布
  各自が無記名回答し、ユニオンにへ返送

☆ハラスメントを経験したこと
・ある 1790人、74.2%

・パワハラ 1687人、70.0%
・セクハラ 718人、29.8%

☆パワハラの内容(複数回答)
1.攻撃的態度で大声を出す 61.4%
2.他者を引き合いに、サービスを強要 52.4%
3.契約外のサービスを強要 34.3%
4.制度上認められないサービスを強要 31.9%
5.強くこづいたり、身体的暴力をふるう 21.7%

6.バカ、クズなど人格否定するようなことを言う 21.6%
7.からかいや皮肉を言う 20.3%
8.訴える、裁判すると脅す 19.0%
9.事業所へのクレームをちらつかせ強要 17.0%
10.机やイスを叩いたり蹴ったりする 16.6%

☆セクハラの内容(複数回答)
1.不必要な接触をはかる 53.5%
2.性的冗談を繰り返す、しつこく言う 52.6%
3.胸や腰をじっと見る 26.7%
4.性的関係を要求する 13.5%
5.食事やデートを執拗に誘う 9.9%

★そんな患者?が多数だろうから、気持ちも身体もキツイ。
 せめて報酬をさらに良くしないと。

PM2.5など大気汚染による各国の死亡率と死亡者数

ステイト・オブ・ グローバル・エアの
「16年のPM2.5など大気汚染による各国の死亡率と死亡者数」
 によると

☆16年のPM2.5など大気汚染による各国の死亡率と死亡者数
1.アフガニスタン、死亡率406人(10万人当り)、死亡5万1700人
2.パプアニューギニア、死亡率(同)322人、死亡1万1300人
3.中央アフリカ共和国、死亡率(同)320人、死亡8600人
4.ギニアビサウ、死亡率(同)317人、死亡2500人
5.ニジェール、死亡率267人、死亡2万3500人

6.ギニア、死亡率265人、死亡1万5200人
7.ソマリア、死亡率(同)265人、死亡1万2200人
8.シエラレオネ、死亡率(同)261人、死亡7200人
9.チャド、死亡率(同)252人、死亡1万7100人
10.ソロモン諸島、死亡率(同)250人、死亡700人

12.北朝鮮、死亡率(同)249人、死亡5万6100人

※世界の2大CO2排出国
 中国、死亡率(同)117人、死亡157万6600人
 アメリカ、死亡率(同)21人、死亡10万5100人。

★アフガンが大気汚染の最悪。山岳地帯が主なのに。