FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

2018年ヒット商品、日経トレンディ

日経トレンディの
 「2018年ヒット商品ベスト30」によると
 ・17年10月~18年9月に発表された商品やサービス
  売れ行き、新規性、影響力の3項目で総合的に判定
 ・日経トレンディ12月号(11月2日発売)掲載

☆2018年ヒット商品ベスト
1.安室奈美恵 お見事でした
2.ドライブレコーダー あおり運転増加で
3.ペットボトルコーヒー 軽い味で缶コーヒーを排除
4.ZOZO ここに来て迷走
5.グーグルホーム&アマゾンエコー 情報漏れっぱなし

6.漫画君たちはどう生きるか 1937年の倫理教養本
7.aibo 復活犬ロボット
8.ケーブル バイト 動物型スマホ断線防止グッズ
9.本麒麟 新ジャンルビール
10.NONIO 口臭予防

★やや小粒のような

魅力度ランキング、都道府県、市町村

ブランド総合研究所の
 「地域ブランド調査2018」によると
 ・47都道府県と1000市区町村対象
 ・認知度、魅力度、イメージなど全84項目
 ・全国消費者3万0024人有効回答

☆都道府県魅力度ランキング、2018年
1.北海道 59.7、10年連続トップ
2.京都 52.2
3.東京 41.9
4.沖縄 41.2
5.神奈川 36.7

6.奈良 32.6
7.大阪 31.8
8.福岡 28.1
9.長野 26.4
10.長崎 26.3

※1~9位は昨年と同じ


38.滋賀 13.9
39.福井 13.3
40.岐阜 13.0
41.鳥取 12.9
42.群馬 11.8
43.埼玉 11.4
44.栃木 11.3
45.佐賀 11.3
46.徳島 9.8
47.茨城 8.0、6年連続最下位

★旅に行きたい順のような


☆市区町村魅力度ランキング2018
1.函館市 50.0、2年ぶり5度目の首位
  観光意欲度1位、産品購入意欲度2位

2.京都市 48.1、前年1位
3.札幌市 46.8
4.小樽市 45.5
5.神戸市 41.5

6.横浜市 40.7
7.富良野市 39.9
8.鎌倉市 39.7
9.金沢市 39.3
10.仙台市 35.5

※大幅アップは
 ・伊勢市 32位から14位へ
 ・名古屋市 21位から12位へ
 ・広島市 34位から23位へ
 ・北見市 268位から133位へ

★ほぼメディア露出による。
 観光素材構築と情報発信を。

上場企業の報酬1億円以上役員

東京商工リサーチの
 「上場企業の報酬1億円以上役員」によると
 ・全証券取引所上場企業3700社の有価証券報告書で、
  役員報酬1億円以上を個別開示した企業を集計

☆2017年に上場企業決算で1億円以上の役員報酬を開示した企業
・335社、8.1%増、過去最多
・627人、12.6%増、過去最多

・2年連続登場 424人、うち250人が報酬増加
・7年連続登場 128人

・10億円以上 8人、前年同数
・2~10億円 145人(15人増)

☆開示人数
1.三菱電機 22人、1人減も4年連続トップ
2.伊藤忠 11人
3.ファナック、ソニー、パナソニック 各10人


☆2017年の役員報酬
1.ニケシュ・アローラ ソフトバンク元副社長 103億4600万円
 (前年64億7800万円)、基本報酬3億0300万円、
  株式報酬11億9600万円、退任費88億4700万円

2.ロナルド・フィッシャー ソフトバンク副会長、24億2700万円
 (前年20億9600万円)

3.ジョセフ・マイケル・デピント 7&I取締役、18億9500万円
 (21億8700万円)
4.エデュアルド・ミナルディ ブリヂストン元副社長 12億2400万円
 (7億5000万円)
5.マイケル・リントン ソニー元執行役 11億4000万円

6.鈴木敏文 セブン&アイ 11億3200万円(前年2億8200万円)
7.カルロス・ゴーン 日産会長  10億9800万円
8.クリストフ・ウェバー 武田薬品CEO 10億4800万円
9.平井一夫 ソニー 10億4800万円
10.加藤修一 ケーズ電気 8億9400万円

★売上29兆円、純利2.5兆円のトヨタの、
 豊田章男社長の報酬が、前年で3.2億円。
 そういう日本文化ですな。

時給換算給与が高い上場企業

Vorkersの
 「上場企業、時給換算給与が高い企業」によると
 ・Vorkersへレポート回答5件以上ある上場企業1902社対象
 ・15年1月~18年5月の給与関係データを集計

☆上場企業で時給換算が高い企業
1.GCA 7385円、M&Aアドバイザリ
2.キーエンス 7083円、営業職1年目年収650万円、2年目900万円
3.三菱商事 6252円、営業職30歳年収1000万円、35歳1500万円
4.伊藤忠商事 6093円
5.三菱地所 5823円

6.住友商事 5689円
7.三井物産 5673円
8.丸紅 5413円
9.三井不動産 5293円
10.電通 5276円

★5千円で年1800時間だと、900万円。
 パート・バイトの千円だと180万円。当然ながら5分の1。

年収の高い上場企業

東京商工リサーチの
 「年収の高い上場企業」によると
 ・全証券取引所上場2681企業対象、有価証券報告書から算出
  17年平均年収

☆17年の年収が高い企業
1.GCA 1559.0万円、M&A(企業合併・買収)アドバイザリー
2.ヒューリック 1530.6万円、不動産
3.朝日放送 1515.8万円
4.日本M&Aセンター 1418.8万円、M&A仲介
5.三菱商事 1386.2万円

6.伊藤忠商事 1383.8万円
7.ファナック 1318.3万円
8.住友商事 1255.1万円
9.丸紅 1221.3万円
10.三井物産 1213.5万円

※5大商社が全てランクイン


☆上場企業の業態別・17年平均年収
総平均 599.1万円、0.6%増

1.建設業 695.3万円、2.7%増
2.不動産業 675.5万円、0.2%減
3.電気・ガス業 673.4万円、2.8%増

最下位 小売業 475.0万円、0.8%増


★年収500万円あれば、まずまず。