FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

文科省、長期欠席の子供、緊急調査

文科省の
 「学校を長期欠席している子供の緊急安全点検調査」によると
 ・2月1~14日に欠席を続けていた18万7462人対象
 ・野田市女児虐待死事件を受けて実施

☆面会
・できた 17万5543人、94%
・できなかった 1万1919人、 6%

☆虐待の恐れ、可能性を否定できない
・合計 1万3742人、長期欠席の7.3%
・虐待の恐れあり  2893人
・可能性を否定できない 1万0849人
※児童相談所や自治体、警察に情報提供した。

※同省と厚労省は虐待の可能性がある子供が7日以上
 欠席した場合は情報共有を徹底する。

※面会ができなかったが、調査期間中に満18歳を超え、
 児相支援対象から外れ、情報提供していないが1070人。

★虐待恐れが約3千人。
 
 児相や警察の確認か保護が必要だが、
 児相は「緊急に経験者の増員」をしないと
 対応しきれきない。

新入学ランドセルの購入調査

サンケイリビングの
 「新入学ランドセルの購入調査」によると、
 ・雑誌あんふぁん、ぎゅっての今春入学児がいる読者286人

☆19年4月入学児のランドセル、平均価格
・5万6201円、3693円増

★6年間のおつきあい。
 一部はその後、アフリカやアジアへ

☆購入場所は
1.ランドセル専門店 38.7%
2.大型スーパー 23.2%
3.百貨店 17.3%

☆購入時期は
1.年長の5月 21%
※18年度は6~8月
 14年度は8~9月

☆購入の決め手
1.色 66.2%
2.軽さ 40.8%
3.フィット感 29.2%

☆人気の色
《男の子》
1.黒 65.1%
2.紺 14.3%
3.茶系 8.7%

《女の子》
1.茶系 24.7%
2.赤 23.4%
3.ピンク 19.6%

★女子は色とりどり。

アメリカ、赤ちゃんの名前

アメリカ合衆国社会保障庁の
 「人気のある赤ちゃんの名前、2018年」によると

☆アメリカの赤ちゃんの名前、2018年
《男の子》
1.Liam リアム、2年連続1位、12年トップ10入りから連続上昇
2.Noah ノア
3.William ウィリアム
4.James ジェームズ
5.Oliver オリヴァー
6.Benjamin ベンジャミン
7.Elijah エリヤ
8.Lucas ルーカス
9.Mason メイソン
10.Logan ローガン

《女の子》
1.Emma エマ、5年連続1位
2.Olivia オリビア
3.Ava エヴァ
4.Isabella イザベラ
5.Sophia ソフィア
6.Charlotte シャーロット
7.Mia ミア
8.Amelia アメリア
9.Harper ハーパー
10.Evelyn イヴリン、イーヴリン

※新しくトップ10入りした名前は、Harper(ハーパー)
 Lucas(ルーカス)の2つで、共に前年11位。

 変化が少なく、昨年、第二次世界大戦以降初めてトップ10から外れ
 12位だったMichael(マイケル)は14位
 うあはり、1990年から初めてトップ10から外れたEmily(エミリー)も、
 去年と変わらず12位。

★日本は結構変化するけど、漢字があるせいですかね。

若いころの自分にやっておけと伝えたいこと

海外チケット予約のエアトリ(旧DeNAトラベル)の
 「若いころの自分にやっておけと伝えたいこと調査」によると
 ・2019年2月28日~3月3日
 ・10~70代男女687人対象、インターネット調査

☆若いころの自分にやっておけと伝えたいこと
1.外国語を学べ 男女共1位
2.海外旅行 男性3位・女性2位
3.人脈を広げておけ 男性2位・女性5位

・海外留学 女性7位
・子どもとの時間を大切にしろ 男性8位

☆若いころの自分に「○○はほどほどに」と伝えたいこと
1.お酒 男女共1位
2.タバコ  同 2位

★主催者のキャラによるフィルターが大きそうだが、
 自分向けなら、まあ何でもありかと。

英語力、中3、高3、英語教員

文科省発表の
 「英語教育実施状況調査、2018年度」によると
 ・昨年12月実施
 ・中学9374校、高校3354校の全公立の英語力

☆英語力が政府目標に達した割合
(英検合格等でなく、教員判断の英語力)
《中3(英検3級相当)》 42.6%、1.9ポイント増

1.福井61.2%、2.千葉52.3%、2.徳島52.3%、4.東京51.3%、
5.石川50.0%。※さいたま市75.5%

47.北海道30.0%、46.新潟31.6%、45.佐賀32.3%、
44.高知33.9%、43.島根34.9%、

《高3(英検準2級相当)》40.2%、0.9ポイント増

1.福井56.0%、2.富山54.8%、3.秋田53.3%、4.兵庫48.4%、
5.神奈川46.5%。

47.宮城31.1%、46.埼玉31.8%、45.福島32.2%、44.奈良32.1%、
43.福島32.2%。


☆英語教員、英検準1級相当以上の政府目標は中学50%、高校75%
・中学英語教員 2.6ポイント増の36.2%
・高校英語教員 2.8ポイント増の68.2%

※20年度から英語が教科になる小学校で中高の英語免許を
 取得教員割合、0.5ポイント増の5.9%

★文科省と教員の改革が先。