FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

ウイルスと企業

総務省の
 「2019年・情報通信白書」によると
 ・18年10~12月、従業員100人以上企業にアンケート調査
  2077社回答

《過去1年間に》
☆ウイルスを見つけた企業
・46.9%

☆ウイルス感染した企業
・9.7%

☆(リンク先や添付ファイルを開くとウイルス感染する)
 標的型メールを受けた企業
・35.7%

☆不正アクセスの被害に遭った企業
・4.1%

※同時期実施の世帯調査(スマホ使う1362世帯)
《過去1年間に》
・何らかの被害を受けた 62.6%
・迷惑メール・架空請求メールの受信 58.2%
・ウイルス感染した 1.4%

★毎日のように来

宅配便の再配達率

国交省の
 「宅配便の再配達率調査」によると
 ・4月と10月の年2回実施、今回4回目。
 ・エリアごとに毎回同じ1自治体対象
 ・ヤマト,佐川,日本郵便3社の営業所単位の1カ月の荷物
 ・今回対象235万個

☆大手宅配業者3社の4月再配達
・16.0%、昨年同時期の1.0ポイント増

☆同・エリア別再配達率
・東京都内、単身世帯の割合が高い区 18.0%
・都郊外の市町村 15.2%
・人口密度が低い地方の市町村 12.4%

★ほぼ在宅率の差。
 単身者はコンビニ指定が良い。

スマホ利用調査、東工大、

東工大の
「コミュニケーションツール利用実態調査2019年度」によると
 ・6回目
 ・新入生ガイダンスで調査票配布回収
 ・1795名(男64%女36%)全員回答

☆現在主に利用している携帯電話
・iPhone 76.0%、14年調査開始から上昇続き
・iPhone以外のスマホ 23.0%
・フィーチャーフォン 0.1%

★学生はアイフォン圧勝。

☆携帯電話のデータプラン
・5GB未満 31.0%
・5GB~10GB 22.4%
・10GB~20GB 22.5%
・20GB以上 24.1%

☆携帯電話のデータプランの使い切り状況
・毎月余っている  58.1%
・ちょうど使い切るくらい 31.4%
・使い切り速度制限かかる 10.5%

☆普段利用しているSNS(複数回答)
1.LINE 99.0%、調査開始以来最高
2.Twitter 80.7%、16年以降横ばい
3.インスタグラム 55.2%、15年からすっと上昇、女子77.1%
4.スノー 25.2%
5.TikTok 11.3%
6.フェイスブック 9.9%、14年から下がり続け

☆普段、友人や家族との連絡に使っているもの(複数回答)
1.LINE 95.9%
2.Twitterのダイレクトメッセージ 33.3%、低下
3.キャリアメール 24.8%
4.SMS・iMessage 22.6%

★学生はメールよりLINE。

☆普段、友人や家族との通話で利用しているもの(複数回答)
1.LINE通話 男子86.8%、女子91.8%
2.キャリアの通話 男子54.2%、女子65.8%
3.LINEビデオ通話 男子16.0%、女子30.0%

★学生は何でもLINE。

日本のEC市場

経産省の
 「電子商取引に関する市場調査・18年度版」によると

☆国内BtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模
・17兆9845億円、9.0%増

・うち物販 9兆2992億円、8.1%増
  EC比率6.2%、0.4ポイント増

・衣類・服飾雑貨 1兆7728億円、7.7%増
  EC比率13.0%、1.4ポイント増

※Euromonitor推計の国別・アパレルEC比率
  米国20.4%、中国28.9%、韓国17.9%

★日本のECはまだまだ増え、実店舗は厳しく。

スマホ通信料金について

野村総合研究所の
 「携帯電話料金について」によると
 ・ドコモなど大手3社スマホ利用3167人
 ・7月27~29日、にインターネット調査

☆実際に払っている月通信料金(平均) 8764円

☆払ってもよいと思う月通信料金(平均) 6537円

☆携帯料金
・高いと思う   59%
・どちらともいえない 38%
・安いと思う 3%

☆料金
・納得していない 32%
・どちらともいえない 55%
・納得している 13%

※料金負担感と通信事業者への不信感が強い
 複雑な料金プラン、おとり広告、オプションの無理強い、
 月々割や2年縛りでの囲い込みなど

★8764円が4割引なら5258円。格安SIM(MVMO)は今も平均3千円