FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

2020年モバイル、ダウンロード、アプリ売上

App Annie Japanの
 「2020年モバイル市場レポート」によると

☆世界のモバイルアプリ
・ダウンロード数 2180億件、過去最高
・消費支出額 1430億ドル
・1人1日あたり平均利用時間 4.2時間、

☆日本のモバイルアプリ
・ダウンロード数 26億件
・消費支出額 200億ドル
・1人1日当たりの平均利用時間 3.7時間、19年3.3時間

☆日本の年間ダウンロード数
1.COCOA
2.ZOOM
3.PayPay
4.LINE
5.Instagram

6.AmazonPrimeVideo
7.Smart News
8.TikTik
9.UberEARTS
10.Twitter

☆日本のアクティブユーザー数
1.LINE
2.Twitter
3.Instagram
4.Yahoo!JAPAN
5.Amazon

6.Facebook
7.Yahoo!JAPAN Weather
8.RakutenIchiba
9.PayPay
10.Mercari

☆世界ダウンロード数
1. TikTok 8億5000万
2. WhatsApp 6億
3. Facebook 5億4000万
4. Instagram 5億300万
5. Zoom 4億7700万
6. Messenger 4億400万
7. Snapchat 2億8100万
8. Telegram 2億5600万
9. Google Meet 2億5400万
10. Netflix 2億2300万

☆ゲーム以外のアプリ売上
1.TikTok 5億4000万ドル
2.Tinder 5億1300万ドル
3.YouTube 4億7800万ドル
4.Disney 3億1400万ドル
5.TencentVideo 3億ドル
6.Piccoma 2億8900万ドル
7.LINEManga 2億8800万ドル
8.LINE 2億4900万ドル
9.iQIYI 2億4000万ドル
10.Netflix 2億900万ドル

★スマホビジネスが巨額に

スマートスピーカーに関する調査

アマゾンジャパンの
 「スマートスピーカーおよび音声アシスタントに関する調査」
  によると
 ・日本全国20~60代男女1000名(一般生活者)と
  スマートスピーカー利用男女587名
 ・インターネット調査、2020年3月6~7日

☆知っているスマート家電(一般生活者)
1.ロボット掃除機 64%
2.スマートスピーカー 50%
3.スマートウォッチ 45%
4.スマート照明 28%
5.スマートテレビ 28%

☆利用前の期待度と利用後の満足度の差
・40代女性 35ポイント差(期待55%、満足90%)
・60代女性 34ポイント差(期待52%、満足86%)
・30代女性 20ポイント差(期待62%、満足82%)

☆利用前に活用したいと考えていた機能(利用者)
1.音楽を聴く 74%
2.天気予報を聞く 72%
3.ニュースを聞く 61%
4.アラームやタイマーの設定 59%
5.時間の確認 53%

★スマホで全て出来る。
 視覚障害者は便利。

☆利用後に満足に感じている機能
1.音楽を聴く 78%
2.スマホで外出先から操作 76%
3.アラームやタイマーの設定 75%
4.音声による家電の操作 71%
5.ラジオを聴く 68%

※子どもになぞなぞ、昔話、占いなどしてくれる
 雑談も付き合ってくれ楽しい。

☆利用して良かった点
1.家事・育児しながら天気予報確認など、ながら作業出来る 75%
2.家事や育児、仕事が効率的にできるようになった 45%

☆良くなかった点
1.思っていることと違う回答 52%
2.言葉を正確に聞きとってくれない 44%
3.長文で話しかけると理解してくれない 39%


☆スマートスピーカーへの期待
《一般生活者》
1.音声操作の可能性 80%
2.高齢者や子どもの見守り機能 69%

《利用者》
1.音声操作の可能性 89%
2.高齢者や子どもの見守り機能 77%

★遠隔地の単身高齢者の安全ケアには適すが、
 望ましいのは訪問したり、毎日TV電話したり。

スマートフォン決済利用動向調査

MMD研究所の
 「スマートフォン決済利用動向調査」によると
 ・18~69歳男女4万8208人対象
 ・1月インターネト調査

☆普段の支払い方法
1.現金 91.8%、19年7月93.0%
2.クレジットカード 73.2%
3.交通系電子マネーカード 31.4%、同29.7%
4.スマホ決済 29.6%、同14.3%

★店は現金とnanacoかwaon、通販はクレカ
 何とかPayはキャンペーン期間中コンビニで。

☆QRコード決済の利用(全体の29.3%、1万4115人)
1.PayPay 46.7%
2.楽天ペイ 16.4%
3.d払い 11.8%
4.LINE Pay 8.1%

★PayPay圧勝。LINE取り込めば過半数に。

☆スマホの電子マネー決済
・利用している 25.2%(1万2128人)

☆最も利用しているスマホ電子マネー決済(1万2128人)
1.楽天Edy 31.5%
2.モバイルSuica 21.6%
3.iD 18.1%
4.QUICPay 12.0%
5.nanacoモバイル 9.1%
6.モバイルwaon 5.8%

※関東の私鉄電子マネーPASMOが、今春からアプリ対応
 ICカード発行数はSuicaに次ぐ2位。

★セキュリティ問題が解決されず。

スマートスピーカーの19年世界出荷、AmazonEcho等

Strategy Analyticsの
 「スマートスピーカーの19年世界出荷」によると

★スマートスピーカーの19年世界出荷
世界 1億4690万台、7割増

★スマートスピーカーの19年世界シェア
1.AmazonEcho 26.2%(18年33.7%)
2.Google 20.3%(同25.9%)、
3.Baidu、中国
4.Alibaba、中国
5.Xiaomi、中国
6.Apple 4.7%。

★依然としてセキュリティに懸念。

スマホのメモリー容量

AiMoreの
 「iPhoneのメモリー容量調査」によると
 ・2019年12月アンケート調査
 ・iPhoneユーザー925人回答

☆iPhoneのメモリー容量
1.64GBを使用し、それで十分  59.03%
2.128GBが最低ライン、なるべく多い方が良い 32.97%
3.64GBを使用し、もっと必要   8.0%

★写真や好きな音楽だけなら64で充分。32でも。
 動画や大量なコミックを入れると128や256必要。