FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スマホ通信料金について

野村総合研究所の
 「携帯電話料金について」によると
 ・ドコモなど大手3社スマホ利用3167人
 ・7月27~29日、にインターネット調査

☆実際に払っている月通信料金(平均) 8764円

☆払ってもよいと思う月通信料金(平均) 6537円

☆携帯料金
・高いと思う   59%
・どちらともいえない 38%
・安いと思う 3%

☆料金
・納得していない 32%
・どちらともいえない 55%
・納得している 13%

※料金負担感と通信事業者への不信感が強い
 複雑な料金プラン、おとり広告、オプションの無理強い、
 月々割や2年縛りでの囲い込みなど

★8764円が4割引なら5258円。格安SIM(MVMO)は今も平均3千円

米、SNSのボット(自動生成アカウント)について

ピューリサーチの
 「SNSのボット(自動生成アカウント)について」によると
 ・米成人4581人
 ・7月30日~8月12日
 ※政治キャンペーンや偽ニュースの為に、ロボットが自動的に
  大量に文章作成して、SNSに投稿する仕組み

☆ボットについて
・全く聞いたことがない 34%
・聞いたことがある 66%(男性73%、女性60%)
  少し  22%
  そこそこ  28%
  多くのことを  16%

☆ボットの識別(聞いたことがある人、以下同)
・識別できる 47%
・確実に識別できる 7%

☆ボットは社会に
・ネガティブな影響がある 66%
・あまり影響はない 21%
・ポジティブな影響がある 11%

☆ボットの使われ方
・悪い目的で使われる 80%
・良い目的で使われる 17%

☆ネガティブなものの見分ける
・全く自信がない 15%
・あまり無い 38%
・そこそこある 40%
・非常にある 7%

★16年大統領選でのSNSによる情報操作が報道され、
 フェイズブックの欺瞞も暴露され、少なくとも若い世代は
 ネット情報を鵜呑みにはしないようになった。

スパコンの性能、Top500、Green500

スパコンの
 計算速度ランキング「TOP500」によると
 ・年2回発表

☆計算速度ランキングTOP500
1.米オークリッジ国立研究所「サミット」 12京2300兆回、米6年ぶり首位
2.中国・無錫スパコンセンター「神威太湖之光」 9京3014兆回、前回首位、
  中国は前回まで10連覇
3.米ローレンス・リバモア国立研究所「シエラ」 7京1610兆回
4.中国・広州スパコンセンター「天河2A」 6京1444兆回
5.産業技術総合研究所「ABCI」 1京9880兆回

6.スイス・国立スパコンセンター「ピーツ・ダイント」 1京9590兆回
7.米オークリッジ国立研究所「タイタン」 1京7590兆回
8.米ローレンス・リバモア国立研究所「セコイア」  1京7173兆回
9.米ロスアラモス国立研究所「トリニティー」  1京4137兆回
10.米ローレンス・バークレー国立研究所「コリ」 1京4014兆回

12.東大・筑波大「オークフォレスト・パックス」 1京3554兆回
16.理化学研究所「京」  1京0510兆回
19.東京工業大「TSUBAME3.0」   8125兆回

☆消費電力性能のGreen500、1ワットあたり性能値
1.菖蒲system B(ベジー) 18.404
2.睡蓮2(ベジー) 16.835
3.さくら(ベジー) 16.657
4.米、NVIDIA DGX-1 15.113
5.米、Summit 13.889

6.日本、TSUBAME3.0 13.704
7.日本、AIST AI Cloud 12.681
8.日本、ABCI 12.054

★消費電力性能は日本の独壇場だが、問題は助成金詐欺のベジー。
 日本を伸ばした稀有な才能が地に落ちて。

インターネット利用動向

総務省の
 「2017年通信利用動向調査」によると
 ・過去1年間にネット利用した人
 ・全国20歳以上世帯主がいる40593世帯対象
  有効回収16117世帯、回収率41.1%
 ・企業は7257企業対象、2592企業回答、顔異臭率43.0%
 ・17年11~12月、郵送調査。

☆インターネット利用状況
・77.8%、前年83.5%から高齢回答者が増加した
  6~12歳74.8%、13歳~40代95%以上
  50代90.9%、60代72.2%、70代45.3%、80以上18.6%

☆インターネット利用の機器(複数回答)
・スマホ  54.2%
  13~19歳71.5%、20代87.8%、30代86.7%、40代80.9%
  50代64.7%、60代37.2%、70代14.9%、80以上3.7%

・パソコン  48.7%
・タブレット  18.7%
・携帯PHS  10.6%
・家庭用ゲーム機  7.4%
・スマートTV   5.9%

★ネット利用で、70代半分、80代2割
 生活に支障は無い。かな?

☆ネット利用時に
・不安を感じる 26.9%
・どちらかと言えば不安を感じる 41.3%

・同計68.3%、前年61.6%

☆同・その不安内容(複数回答)
1.個人情報や利用履歴の漏洩 87.7%
2.ウイルス感染 70.1%
3.迷惑メール 52.5%
4.架空請求、ネット詐欺 51.9%
5.セキュリティ対策 47.7%

6.電子決済の信頼性 30.8%
7.違法・有害情報の閲覧 24.5%

★ネット企業が個人情報を取っているので、情報漏れ漏れ。
 十二分に気を付けないと。


☆企業のクラウドサービス
・利用している 56.9%、前年46.9%

☆その利用目的
1.ファイル保管、データ共有 51.2%
2.サーバ利用 47.6%
3.電子メール 46.3%
4.社内情報共有・ポータル 37.7%
5.データバックアップ 34.4%

6.スケジュール共有 34.1%
7.給与・財務会計・人事 27.1%
8.営業支援 14.5%
9.eラーニング 12.3%
10.取引先との情報共有 10.4%

★プロハッカーに狙われると、結局やられるが、
 それでも安全に十二分の配慮を。

SNSでの嫌な経験

消費者庁の
 「SNSでの嫌な経験調査」によると
 ・15~25歳のLINE利用者3000人対象

※7割がSNSの利用を1日1時間以上
 4人に3人がSNSを「好き」か「どちらかといえば好き」

☆SNSで嫌な経験をしたこと
・ある 51.8%

《その内容》
・既読スルーされた 31.2%
・自分の写真や動画を勝手にアップされた 12.2%
・知らない人から急に誘われた 11.1%

・身に覚えのない請求が来た 6.2%
・ネットストーカーに遭った 2.3%

★学校で教育しないと。