最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネット利用動向

総務省の
 「2017年通信利用動向調査」によると
 ・過去1年間にネット利用した人
 ・全国20歳以上世帯主がいる40593世帯対象
  有効回収16117世帯、回収率41.1%
 ・企業は7257企業対象、2592企業回答、顔異臭率43.0%
 ・17年11~12月、郵送調査。

☆インターネット利用状況
・77.8%、前年83.5%から高齢回答者が増加した
  6~12歳74.8%、13歳~40代95%以上
  50代90.9%、60代72.2%、70代45.3%、80以上18.6%

☆インターネット利用の機器(複数回答)
・スマホ  54.2%
  13~19歳71.5%、20代87.8%、30代86.7%、40代80.9%
  50代64.7%、60代37.2%、70代14.9%、80以上3.7%

・パソコン  48.7%
・タブレット  18.7%
・携帯PHS  10.6%
・家庭用ゲーム機  7.4%
・スマートTV   5.9%

★ネット利用で、70代半分、80代2割
 生活に支障は無い。かな?

☆ネット利用時に
・不安を感じる 26.9%
・どちらかと言えば不安を感じる 41.3%

・同計68.3%、前年61.6%

☆同・その不安内容(複数回答)
1.個人情報や利用履歴の漏洩 87.7%
2.ウイルス感染 70.1%
3.迷惑メール 52.5%
4.架空請求、ネット詐欺 51.9%
5.セキュリティ対策 47.7%

6.電子決済の信頼性 30.8%
7.違法・有害情報の閲覧 24.5%

★ネット企業が個人情報を取っているので、情報漏れ漏れ。
 十二分に気を付けないと。


☆企業のクラウドサービス
・利用している 56.9%、前年46.9%

☆その利用目的
1.ファイル保管、データ共有 51.2%
2.サーバ利用 47.6%
3.電子メール 46.3%
4.社内情報共有・ポータル 37.7%
5.データバックアップ 34.4%

6.スケジュール共有 34.1%
7.給与・財務会計・人事 27.1%
8.営業支援 14.5%
9.eラーニング 12.3%
10.取引先との情報共有 10.4%

★プロハッカーに狙われると、結局やられるが、
 それでも安全に十二分の配慮を。
スポンサーサイト

SNSでの嫌な経験

消費者庁の
 「SNSでの嫌な経験調査」によると
 ・15~25歳のLINE利用者3000人対象

※7割がSNSの利用を1日1時間以上
 4人に3人がSNSを「好き」か「どちらかといえば好き」

☆SNSで嫌な経験をしたこと
・ある 51.8%

《その内容》
・既読スルーされた 31.2%
・自分の写真や動画を勝手にアップされた 12.2%
・知らない人から急に誘われた 11.1%

・身に覚えのない請求が来た 6.2%
・ネットストーカーに遭った 2.3%

★学校で教育しないと。

SNSに関する調査、18カ国

露カスペルスキー研究所の
 「会員制交流サイト(SNS)調査」によると
 ・16年10~11月にアンケート
 ・18カ国16歳以上男女計1万6750人

☆SNSで嫌な気分になった理由(複数回答)
1.迷惑な広告 72%
2.友達削除された 61%
3.批判的・否定的コメントを書かれた 59%
3.誘われていないイベントなどに友達が行っているのを見た
59%
☆同・日本の千人
・嫌な気分になったことがある 39%

☆日本、嫌な気分になったことがある391人(複数回答)
1.他人が自分より良い人生を送っていることを知った 54%
2.迷惑な広告 48%
3.友達が楽しい休暇写真を投稿 43%
4.自分の投稿に「いいね!」があまり付かなかった 42%
5.友達削除された 41%
6.自分の投稿に「いいね!」が全く付かなかった 40%
7.批判的否定的なコメントを書き込まれた 38%

☆SNSへ投稿する内容、日本の千人(複数回答)
1.自分が楽しいと感じたこと 65%
2.趣味 35%
3.イベント、パーティー、お出掛けなど 26%

★各自判断だが、のめりすぎは×

大学生のPCスキル

NECパーソナルコンピュータの
 「PCに関するアンケート調査」によると
 ・就活未経験の大学1~3年男女410人、就活経験ある大学4年男女399人、
  17年卒で新卒採用に関係した18~60歳男女203人対象
 ・インターネット調査、12月20日~27日

☆自分専用か家族共有でPCを持っている
・大学1~3年 92.7%
・大学4年生 95.4%

☆WordやExcel、PowerPointなど資料作成PCスキルが必要
・大学1~3年生 96.8%
・4年生 95.6%

☆PCスキルに自信がない
・大学1~3年生 75.7%
・大学4年生 70.7%

《新卒採用担当に関わった社会人に》
☆新入社員にPCスキルの不足を感じるか)
・不足を感じる 57.2%

☆PCスキルの有無を採用の際に重視するか
・重視する 44.3%

※マウス操作がわからない新人がいた

★ワード、エクセル、パワポは必須。

16年スマホ世界出荷、タブレット世界出荷

IDC発表の
 「16年スマホ世界出荷、16年タブレット世界出荷」によると

☆スマホ16年世界出荷
・14億7060万台、2.3%増

1.サムスン 3億1140万台、▲3.0%、シェア21.2%は1.1ポイン減
2.アップル 2億1540万台、▲7.0%、シェア14.6%
3.中国Huawei(華為技術)の1億3930万台、30.2%増、シェア9.5%
4.中国OPPO 9940万台、132.9%増、シェア6.8%
5.中国vivo 7730万台、103.2%増、シェア5.3%

※10~12月期はアップルがサムスンを抜き首位でシェア18.3%。

★中国急増、3社計はサムスンを上回る。

☆タブレット16年世界出荷
・1億7480万台、15.6%減、2年連続減。

1.アップル 4260万台、▲14.2%、シェア24.4%
2.サムスン 2660万台、▲20.5%、シェア15.2%
3.アマゾン 1210万台、98.8%増、シェア6.9%
4.レノボ 1110万台、▲ 1.2%減、シェア6.3%
4.Huawei 970万台、49.9%増、シェア5.6%

★タブレットは子ども専用へ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。