最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

MLB、走塁時最速ランキング

大リーグ高度分析システム「スタットキャスト」の
 「走塁時最速ランキング」によると
 ・全力疾走回数10回以上選手対象

☆MLB、走塁時最速ランキング
1.ビリー・ハミルトン(26才レッズ外野手)30.1f(9.17m)時速33km
2.バイロン・バクストン(23才ツインズ外野手)29.9f(9.11m)
3.ブラッドリー・ジマー(24才インディアンス外野手)29.9f(9.08m)

※上位14人中12人が中堅手

★野球の塁間は27.431mで最高速度に達しない。

 ボルト9秒58世界記録時は、65.03m地点が
 最高秒速12.27m(時速44.17km)


☆最遅
1.アルバート・プホルス(37才エンゼルス)23.3(7.1m)

☆平均 毎秒27.0フィート(8.23m、時速29.6km)

☆ポジション別走塁スピード、秒速
1.中堅手 28.2フィート(8.60m)
2.左翼手,遊撃手 28.5フィート(8.38m)
4.二塁手 27.4フィート(8.35m)
5.右翼手 27.3フィート(8.32m)
6.三塁手 26.8フィート(8.17m)
7.一塁手 26.2フィート(7.99m)
8.捕手,指名打者 25.9フィート(7.89m)

★日本の野球選手も走塁は劣らないが、
 パワーと総合力の差は歴然。

 日本からMLBに行くと、投手は失投をホームランされ
 防御率が1.0位落ちる。

 打者はツーシームに合わず、打率が5分位落ちる。
 あの青木が3割に届かない。

米フォーブス誌、世界で最も稼ぐスポーツ選手・2017年

米フォーブス誌の
 「世界で最も稼ぐスポーツ選手・2017年」によると
 ・昨年6月から1年の給与、賞金、スポンサー収入な

★世界で最も稼ぐスポーツ選手・2017年
1.クリスティアノ・ロナルド 9300万ドル(102億円)、2年連続首位
2.レブロン・ジェームズ(NBA) 8620万ドル
3.リオネル・メッシ 8000万ドル
4.ロジャー・フェデラー 6400万ドル
5.ケビン・デュラント(NBA) 6060万ドル

6.ア.ンドリュー・ラック(AFL) 5000万ドル
6.ロリー・マキロイ(ゴルフ) 5000万ドル
8.ステファン・カリー(NBA) 4730万ドル
9.ジェームズ・ハーデン(NBA) 4660万ドル
10.ルイス・ハミルトン(F1) 4600万ドル

29.錦織圭 3390万ドル(37.3億円)
75.田中将大(ヤンキース) 2300万ドル、

★体格にハンディーのある日本のスポーツキッズが
 目指す方向はサッカー、野球、テニス?

16年新車販売数、初代オーナーが10年以上保有する車、車オーナー満足度、最も信頼される車

F2Mの
 「2016年世界新車販売数ランキング、
  world’s best-selling cars of 2016」によると

☆2016年世界新車販売数
1.Toyota Corolla    131万6383台、★3.6%
2.Ford F-Series 99万3779台
3.Volkswagen Golf 99万1414台
4.Hyundai Elantra 78万8081台、3.9%増
5.Honda CR-V 75万2463台、5.7%増

6.Ford Focus 73万4935台、★11.7%
7.Toyota RAV4 72万4198台
8.Volkswagen Polo 70万4062台
9.Honda Civic 66万8707台、18.7%増、前年17位
10.Toyota Camry 66万0868台、★11.5%、前年6位

★トヨタ3車種、ホンダ・VW・フォードが各2車種

 カローラはなんだかんだスゴイ。
 延べ4千万台!、154カ国で販売。

--------------------------------------------------------

米アイシーカーズ・ドットコムの
 「初代オーナーが10年以上保有している車の割合」によると
 ・2016年1月1日~10月30日調査
 ・1981~2006年モデル中古車2500万台
 ・新車販売台数100台以下のモデル除外
  生産終了し、16年型が販売されていないモデル除外

☆初代オーナーが10年以上保有している割合、トップ10
1.トヨタ・ハイランダー・ハイブリッド 32.1%
2.トヨタ・プリウス 32.0%
3.トヨタ・ハイランダー 29.0%
4.トヨタ・シエナ 28.7%
5.ホンダ・パイロット 27.2%

6.ホンダ・CR-V 25.2%
7.トヨタ・RAV4 24.9%
8.スバル・フォレスター 24.2%
9.レクサス・RXハイブリッド 24.1%
10.ホンダ・オデッセイ 24.0%

・平均 12.9%

※全て日本車、9車種がSUVかミニバン

☆同・ブランド別
1.トヨタ 22.2%
2.ホンダ 20.2%
3.スバル 19.1%
4.アキュラ 17.8%
5.ヒュンダイ 17.4%

10.GMC 13.0%

※中・大型モデルは商用車またはレンタカー用の購入が多い。
 欧州メーカー高級車も2~3年リース契約が多い。

※IHSオートモーティブによると、
 米国の新車の平均保有期間は6.5年(06年は4.3年)
 新車平均価格は3万5309ドル(404万円)

★日本車オーナーは民主党支持者が多いらしい。

--------------------------------------------------------

米コンシューマーレポートの
 「車オーナーの満足度、Owner Satisfaction」によると
 ・対象30万人以上

☆オーナーの満足度・ブランド別
1.Tesla 91%
2.Porsche 84%
3.Audi 77%
4.Subaru 76%
5.Toyota 76%

6.Honda 75%
7.Mazda 74%
8.Chrysler 73%
9.Chevrolet 73%
10.Lexus 73%

13.Hyundai 73%、前年24位
14.BMW 72%、前年6位
19.Mercedes-Benz 69%
24.Volkswagen 64%、前年16位

26.Acura 58%
27.Infiniti 58%
28.Nissan 58%
29.Fiat 53%

★高額だがテスラがすごい。

☆最も信頼される車、Most Reliable Cars・車種別トップ10
1.トヨタ・Prius
2.レクサス・CT200h
3.インフィニティ・Q70
4.アウディ・Q3
5.レクサス・GX
6.レクサス・GS
7.メルセデスベンツ・GLC
8.シボレー・クルーズ
9.アウディ・Q7
10.トヨタ・4ランナー

★レクサス&トヨタで10車中5車

日本野球機構、引退後セカンドキャリアに対する意識調査

日本野球機構NPBの
 「引退後セカンドキャリアに対する意識調査」によると
 ・10回目調査
 ・昨年10月に宮崎県開催フェニックスリーグ参加の
  12球団の若手277選手対象、無記名

☆属性
・平均年齢 23.1歳
・平均年俸 950万円
・プロ平均在籍年数 3年
・入団前経歴 高校49%、大学30%、社会人18%、その他3%
・独身既婚比 独身85%、既婚15%
・主なポジション投手46%、捕手14%、内野21%、外野19%

☆引退後に「やってみたい」「興味がある」仕事(複数回答)
1.高校野球指導者(10年連続トップ)67%、やってみたい16%
2.一般企業の会社員 59%、やってみたい8%
3.大学社会人の野球指導者 58%、やってみたい12%
4.プロ野球の監督・コーチ 57%、やってみたい11%
5.社会人・クラブチームの現役 55%、やってみたい4%

☆引退後の不安を
・感じる 67%、過去最低(前年73%

★950万円は大卒初年度年収の3倍程。

 野球部の各学年5,6万人から、プロ入りはその後の大学や
 社会人時代を含め、年100人程で、0.2%。
 高収入となるレギュラー定着は1学年20人程で、0.05%。

 他のプロスポーツや、芸能界など他業種も似ているが、
 25才位で次の道を。

 全力で夢を追った時は、素晴らしい経験。

国内、16年新車販売

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会の
 「2016年の車名別新車販売台数(速報)」によると

☆2016年車名別新車販売台数ランキング
1.プリウス(トヨタ) 24万8258台、94.9%増
2.N-BOX(ホンダ) 18万6367台、0.8%増
3.タント(ダイハツ) 15万5998台、▲1.1%
4.アクア(トヨタ) 16万8208台、▲22.0%
5.シエンタ(トヨタ) 12万5832台、96.9%増

6.デイズ(日産) 10万5731台、▲29.8%
7.フィット(ホンダ) 10万5662台、▲11.8%
8.ノート(日産) 10万2402台、4.5%増
9.ヴォクシー(トヨタ) 9万1868台、▲0.7%
10.カローラ(トヨタ) 8万4770台、▲22.2%


☆12月車名別新車販売台数
1.N-BOX(ホンダ) 1万4967台、25.8%増
2.プリウス(トヨタ) 1万2776台、▲22.1%
3.ノート(日産) 1万2403台、97.8%増
4.ムーヴ(ダイハツ) 1万1702台、69.5%増
5.アクア(トヨタ) 1万1449台、▲24.0%

6.デイズ(日産) 1万1429台、30.2%増
7.タント(ダイハツ) 1万0299台、▲23.0%
8.シエンタ(トヨタ)   9640台、9.3%増
9.フリード(ホンダ)   8870台、215.9%増
10.ヴォクシー(トヨタ)   7096台、▲19.6%

★ノート、ムーヴ、フリード!