最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

米、パリ協定離脱の関する世論調査

米ABCテレビとワシントンポストの
 「トランプ大統領のパリ協定離脱の関する世論調査」によると
 ・6月2~4日、無作為抽出の527人

☆パリ協定離脱
・反対 59%
・支持 28%

《共和党支持者》
・反対 25%
・支持 67%

《民主党支持者》
・反対 82%
・支持 8%

《世代別》
・8~29歳 反対 7割超

★米のほとんどのマスコミが、反トランプ

 マスコミ操作は米露などの長年の常套手段で、
 日本マスコミの反日も、米GHQによる工作のなごり。

生計費調査、世界209都市

マーサーの
 「2017年世界生計費調査、都市ランキング
  Cost of Living Survey」によると
 ・5大陸209都市の住居費、交通費、食料、衣料、家庭用品、
  娯楽費用など200以上の価格を調査
 ・17年3月マーサー実施調査、為替は17年2月平均レート

☆2017年世界生計費
1.ルアンダ(アンゴラの首都)
2.香港
3.東京、前年5位
4.チューリッヒ
5.シンガポール

6.ソウル
7.ジュネーブ
8.上海
9.ニューヨーク、昨年11位
10.ベルン

14.モスクワ、ビクトリア
16.ンジャメナ
18.キンシャサ
20.ドバイ
21.大阪
22.サンフランシスコ
23.アブダビ
24.ロサンゼルス
25.シドニー
27.サンパウロ
28.コペンハーゲン
30.ロンドン
32.シカゴ
35.名古屋
36.サンクトペテルブルグ
40.ブエノスアイレス

51.ボストン
56.リオデジャネイロ

57.ムンバイ
62.パリ
67.バンコク
78.ウィーン
80.ローマ
81.ドーハ
88.ジャカルタ
98.ミュンヘン
99.ニューデリー
100.ハノイ

107.バンクーバー
120.ベルリン
119.モントリオール
122.デュッセルドルフ

147.バーミンガム
151.ハバナ
183.カイロ

201.カラチ
206.スコピエ(マケドニア)
208.ビシュケク(キリギス)
209.チュニス(チュニジア)

★パリもウイーンも、日本より安く暮らせる!

世界の軍事費、2016年

ストックホルム国際平和研究所SIPRIの
 「世界の軍事費、2016年」によると

☆世界の軍事費、2016年
・1兆6860億ドル(184兆円)、0.4%増

※世界GDPの2.2%(中東はGDPの6.0%)
 2010年代はほぼ横ばい

※原油安で産油国の軍事費が減り(サウジ3割減)、
 ロシアの脅威から東欧の一部で増
 (ラトビア44%増、リトアニア35%増)


☆軍事費、国別ランキング、2016年
・上位15カ国は変わらず

1.米国 6110億ドル、 1.7%増、シェア36%
  GDP比3.3%
2.中国 2150億ドル、 5.4%増、シェア13%
  GDP比1.9%
3.ロシア 692億ドル、 5.9%増
  GDP比5.3%
4.サウジアラビア 637億ドル、30%減、前年3位
  GDP比10.0%
5.インド 559億ドル、 8.5%増、
  GDP比2.5%
6.フランス 557億ドル、GDP比2.3%
7.英国 483億ドル、GDP比1.9%
8.日本 461億ドル、2.7%増、GDP比1.0%
9.ドイツ 411億ドル、GDP比1.2%
10.韓国 364億ドル、0.9%増、GDP比2.7%

11.イタリー 279億ドル、11%増
12.オーストラリア 246億ドル
13.ブラジル 237億ドル
14.UAE 228億ドル、GDP比5.7%
15.イスラエル 180億ドル、GDP比5.8%

☆減少率が大きい国
1.ベネズエラ 56%減
2.南スーダン 54%減
3.アゼルバイジャン  36%減
4.イラク 36%減
5.サウジアラビア 30%減

★米の軍事産業の大きさと政治への強い影響力

トランプ大統領の7カ国国民入国禁止、CNN、ギャラップ、ロイター

大統領令7カ国入国禁止処置に関する調査

《CNNとORCの7カ国入国禁止処置に関する調査」によると》
 ・1月31日~2月2日
 ・全米1002人成人対象

☆トランプ大統領の中東アフリカ7カ国国民を一時入国禁止措置
・反対 53%、民主党支持者88%
・支持 47%、共和党支持者88%

☆この大統領令はイスラム教徒入国禁止だ
・支持者 25%
・反対者 82%

☆大統領令で米国が
・より安全になる 41%、共和党支持者83%、民主党支持者8%
・安全性を低める 46%

☆米国の価値観に与える影響
・価値観を守る 共和党支持者員の80%
・価値観を傷つける 民主党支持者の81%


《ギャラップの「トランプ大統領令について」によると》
 ・1月30、31日電話調査
 ・全州の成人1018人

☆トランプ大統領令「中東アフリカ7カ国からの一時入国禁止」に
・賛成 42%、共和党支持83%、民主党支持14%
・反対 55%

☆トランプ大統領令「シリア難民の無期限受け入れ停止」に
・賛成 36%、共和党支持71%、民主党支持10%
・反対 58%

☆トランプ大統領令「メキシコ国境への壁建設」に
・賛成 38%、共和党支持80%、民主党支持8%!!
・反対 60%

☆トランプ氏が急ぎすぎている
・賛成 47%(09年オバマ前大統領時22%)

※大統領支持率調査(29~31日)は支持43%、不支持52%


ロイター通信の
「7カ国の一時入国禁止や難民受け入れ停止について」によると
 ・米全州の成人1201人
 ・1月30日、31日、インターネット調査

☆大統領令の「入国一時禁止や難民の受け入れ停止」
・賛成 49%、共和党支持者は、強く賛成51%
・反対 41%、民主党支持者は、強く反対53%

☆今回の措置
・より安全と感じる 31%
・より安全でなくなったと感じる 26%

・テロ対策として米国が良い手本を示した 38%
・     同    悪い手本を示した 41%

★国が2分。

米国人の味方と敵

米YouGovの
 「米国人の味方と敵、America's Friends and Enemies」によると
  ・1月28日~2月1日、米成人7150人対象
  ・世界144カ国に対する友好度調査

☆米国人の味方と敵(味方の多い順)
味方 友人 敵
1.カナダ、14年2位 55% 32% 1%
2.英国、同・首位 55% 25% 2%
3.オーストラリア 45% 38% 0%
4.イスラエル 44% 22% 5%
5.フランス 41% 36% 1%

6.ドイツ 38% 35% 2%
7.イタリー 34% 44% 1%
8.アイルランド 33% 47% 1%
9.日本 33% 36% 4%
10.ニュージーランド 32% 43% 1%

味方 友人 敵
・韓国 32% 29% 9%
・ノルウェー 30% 47% 1%
・デンマーク 29% 46% 2%
・ベルギー 29% 40% 2%
・スウェーデン 29% 49% 1%
・オランダ 28% 48% 1%
・オーストリア 24% 47% 1%
・スペイン 28% 42% 1%
・アイスランド 22% 51% 1%

・メキシコ 18% 42% 4%
・台湾 13% 44% 2%
・インド 13% 50% 2%
・中国 6% 26% 11%
・ロシア 3% 16% 22%

味方 友人 敵

140.アフガニスタン 5% 13% 23%
141.イラク 5% 15% 29%
142.シリア 2% 9% 32%
143.イラン 2% 6% 41%
144.北朝鮮 2% 7% 57%

★一般人が144カ国もの動向を把握しているかは疑問だが。
 安心出来るのはカナダと英国と。