最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

総合安全指数、187カ国

米国の第三者安全科学機関ULの
 「総合安全指数、UL Safety Index」によると
 ・世界187か国の相対的安全性評価、総合安全指数で算出
 ・「組織力と国力(経済および教育等)」、
 「安全性向上への取り組み」、「安全性に関する統計」に
  今回から「交通安全」を取りいれた。
  要因中、経済や教育レベルを示す「組織力と国力」が
  総合安全指数に最も大きな影響を与える、

☆総合安全指数、UL Safety Index、100点満点
1.オランダ 95
2.ノルウェー 94
3.豪州 94
4.スウェーデン 93
5.カナダ 92

6.ルクセンブルグ 92
7.ニュージーランド 92
8.スイス 92
9.デンマーク 92
10.英国 92

12.シンガポール 91
13.イスラエル 91
14.フィンランド 90
15.アイスランド 90
16.ドイツ 90
17.オーストリア 90
18.フランス 89
19.日本 89

20.米国 89
21.韓国 88
25.スペイン 87
26.イタリー 84
28.チェコ 83
38.トルコ 78
43.ブラジル 76

56.中国 72
57.南アフリカ 72
66.サウジアラビア 68
68.ロシア 68
78.キューバ 65
81.エジプト 65
84.メキシコ 64
87.インド 63

106.イラン 60
115.パレスチア 57
121.イラク 54
145.北朝鮮 46

177.アフガニスタン 32
181.シリア 30
185.ギニアビサウ 21
186.南スーダン 19
187.ソマリア 16

★北欧とオセアニアが上位。紛争地が下位。

EUと加盟国の合計特殊出生率

欧州連合統計局ユーロスタットの
 「EUおよび加盟各国の2016年合計特殊出生率」によると
 ・人口維持に必要な目安は2.1

☆EUおよび加盟各国の2016年合計特殊出生率
1.フランス 1.92
2.スウェーデン 1.85
3.アイルランド 1.81
4.デンマーク 1.79
4.英国 1.79

平均 1.60

・ドイツ 1.59、79.2万人
  移民の出生が増加

27.スペイン 1.34
27.イタリア 1.34

☆2016年EU加盟28か国の出生数
・514万8000人、0.9%増

☆初産の平均年齢
1.ブルガリア 26歳

・EU全体 29歳

28.イタリア 31歳

★日本は16年で1.44。

 仏の子育て支援は超充実。

ミザリー(悲惨)指数、66カ国・地域

ブルームバーグの
 「ミザリー(悲惨)指数、2018年」によると
 ・66カ国・地域対象、インフレと失業の見通しを基に算出
 ※低インフレで失業が少なければ暮らしが快適という考え、
  低数値が誤って解釈される可能性があり、注意が必要

☆最も惨めな国
1.ベネズエラ 4年連続首位、1872点
  唯一の4桁、17年の3倍余り
  IMF推計で17年のインフレ2400%、18年同1万3千%!!

2.南アフリカ 33.1点
3.アルゼンチン 27.1
4.エジプト 26.4、前年2位
5.ギリシャ 20.6
5.トルコ 20.6

7.ウクライナ 17.8、前年5位
8.スペイン 17.3.8
9.ブラジル 15.8
10.サウジアラビア、15.4、前年14位

50.中国 6.3点

56.デンマーク 5.7
56.香港 5.7
58.ノルウェー 5.6
58.韓国 5.6
60.アイスランド 5.3
61.イスラエル 5.2

62.台湾 4.9点
63.日本 3.6
63.スイス 3.6
65.シンガポール 3.2
66.タイ 2.5点、同国失業データは独自計算

★悲惨というなら、犯罪率、医師・病院の人数比、幼児死亡率
 収賄など腐敗、ジニ係数なども加味すべきのような。

マンション、民泊への対応調査

一般社団法人マンション管理業協会の
 「民泊への対応調査」によると
 ・18年2月4日時点
 ・全国の管理組合9万5073組合
 ・回答8万7352社、回答率91.9%。

☆民泊への対応調査
・民泊禁止 80.5%、管理規約改正や総会・理事会決議
・民泊容認 0.3%
・民泊に関する決議をしていない 19.1%

※民泊法が6月15日施行で、民泊が全国で解禁される

 分譲マンションは2017年4月末時点で、全国633万戸あると言われ、
 マンション管理業協会はその92%以上の管理業務を
 会員社から引き受けている。

★知らない中国人がぞろぞろ出入りするのは不気味。

新生児死亡率、5歳未満死亡率

国連児童基金ユニセフの
 「新生児死亡率」によると
 ・16年推計、184国対象
 ・生後1カ月内(28日未満)で死亡した乳児割合、千人当たり

☆世界全体で死亡した新生児
・1カ月以内死亡 約260万人
・生まれた日に死亡 約100万人

☆新生児死亡率ベスト(生後28日未満死亡、千人当たり)
1.日本 0.9人
2.アイスランド 1.0
3.シンガポール 1.1
4.フィンランド 1.2
5.エストニア 1.3
5.スロベニア 1.3

7.キプロス 1.4
8.韓国 1.5
8.ノルウェー 1.5
8.ルクセンブルク 1.5
8.ベラルーシ 1.5

38.カナダ 3.2人
41.米国 3.7人

※インド 25.4人

☆新生児死亡率ワースト、千人当り
1.パキスタン 45.6人
2.中央アフリカ 42.3
3.アフガニスタン 40.0
4.ソマリア 38.8
5.レソト 38.5

6.ギニアビサウ 38.5
7.南スーダン 38.5
8.コートジボワール 37.0
9.マリ 35.7
10.チャド 35.7

※最悪10カ国中8カ国がサハラ砂漠以南アフリカ
 水道トイレ下水など衛生施設不備と内戦や紛争、自然災害等で。


☆5歳未満死亡率、千人当り、16年
・世界 41人、計564.2万人
  90年93人、00人78人、10年52人

《同ワースト、千人当り》
1.ソマリア 133人
2.チャド 127
3.中央アフリカ 124
4.シェラレオネ 114
5.マリ 111

6.ナイジェリア 104
7.ベニン 98
8.コンゴ民主共和国 94
8.レソト 94
10.コートジボワール 92

☆5歳未満死亡率ワースト、千人当り
1.スロベニア 2人
1.ルクセンブルグ
1.アイスランド
1.フィンランド
5.日本、イタリア、スウェーデン、シンガポール、韓国、
 スペイン、ノルウェー、モナコ、チェコ等 3人

★上位はやはりサハラ砂漠以南アフリカ。