fc2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

世界都市生活費ランキング、173都市

英エコノミストEIUの
 「2023年・世界都市生活費ランキング」によると
 ・世界173都市
 ・8月14日~9月11日に200種以上の日用品やサービス価格を比較
 ・今年の物価は平均7.4%上昇。昨年8.1%上昇より下がったが、
  物価上昇率は17年~21年よりはるかに高い。
 ・ドル建て基準、日本の都市は円安で急落

 ※中国の南京、無錫、大連、北京はランキングを大きく下げた。
  米は金融政策とドル安で調査対象22都市の大部分が順位を下げた。

☆2023年・世界都市生活費ランキング
1.シンガポール
1.チューリヒ(昨年6位)
3.ニューヨーク(昨年同率首位)、
3.ジュネーブ
5.香港
6.ロサンゼルス
7.パリ
8.コペンハーゲン
8.テルアビブ
10.サンフランシスコ

60.東京(前年37位)
70.大阪(同43位)

142.モスクワ(同37位)
147.サンクトペテルブルク(同100位)

173.ダマスカス(シリア)

★外人観光客が東京のラーメン千円を破格に安いと。
 ニューヨークは3千円。

合計特殊出生率、23年推定、227国・地域

米CIAの
「TheWorldFactbook・23年合計特殊出生率推定」によると

☆世界の出生率最新ランキング
・世界平均 2.38

1.ニジェール 6.73
2.アンゴラ 5.76
3.コンゴ民主共和国 5.56
4.マリ 5.45
5.ベナン 5.39
6.チャド 5.35
7.ウガンダ 5.26
8.ソマリア 5.22
9.南スーダン 5.20が
10.ブルンジ 4.96

※上位はアフリカ。幼児死亡率が高く、子どもは稼ぎ手でもある

95.インド 2.07
99.ベトナム 2.04
102.フランス 2.02
 フランスは家族給付の手厚い支給、保育充実、仕事と
 妊娠育児の支援にも注力。

106.インドネシア 1.99
118.イラン 1.92
126.韓国、北朝鮮 1.89
137.アメリカ 1.84

153.ブラジル 1.75
160.オーストラリア 1.73
172.スウェーデン 1.67
178.イギリス 1.63
181.アラブ首長国連邦 1.62
185.ロシア 1.60
191.ドイツ   1.58
192.カナダ 1.57

211.中国 1.45
 ※中国人口発展研究センターは23年推定1.09人と発表

215 日本  1.39
218.モーリシャス 1.35
219.モントセラト 1.32
220.スペイン 1.29
221.プエルトリコ 1.25
222.イタリア 1.24

223.マカオ 1.23
224.香港 1.23
225.シンガポール 1.17
226.韓国 1.11
227.台湾 1.09

※経済先進国で子どもを持たない選択肢が定着。
 ワースト5は東アジア。

★世界全体では、それでも人口増加。

バイデン大統領の弾劾訴追下院調査について

ロイター・イプソスの
 「バイデン大統領の弾劾訴追下院調査・世論調査」によると
 ・米国民4413人、9月8~14日調査

☆バイデン氏に対する下院の弾劾調査
・調査を指示 41%
  共和党支持者71%、民主党支持者18%、無党派38%
・調査に反対 35%
  共和党支持者14%、民主党支持者63%、無党派30%
・分からない 24%

★バイデン息子とバイデンが黒なのは証拠も出て、間違いないが、
 米のメディアはほぼ民主党系なので、事実が知られていない。

 日本のメディアも、権力に忖度で、調査の能力も意欲もない。
 
 情けないことにジャニーズ問題で露呈したが。

世界の軍事力ランキング、145カ国対象

グローバル・ファイヤーパワーの
 「世界の軍事力ランキング・2023年版」によると
 ・145カ国対象
 ・軍備や兵力、財政、地理的条件、資源など

☆世界の軍事力ランキング・2023年版
1.アメリカ
 防衛予算7617億ドルは2位中国の3倍以上
 空母11隻、駆逐艦92隻、航空機1万3300機、攻撃ヘリ983機

2.中国
 軍人7億6100万人以上、駆逐艦50隻、潜水艦78隻

3.ロシア
 軍用機4100機以上、ウクライナで大量の装備を失ったが、
 空軍と海軍の被害は少ない

4.インド
 現役軍人150万人、利用可能6億5300万人以上

5位 イギリス
 空母2隻

6位 韓国
 車両13万3000台、ヘリコプター739機

7.パキスタン、昨年9位
 戦車3700台以上、軍用機1400機、潜水艦9隻、軍人65.4万人

8.日本
 軍用機1400機以上、車両11万1000台以上、ヘリ空母4隻

9.フランス
 攻撃ヘリコプター69機含むヘリコプター438機、駆逐艦・戦艦10隻

10.イタリア
 攻撃ヘリコプター58機含むヘリコプター404機、空母2隻

11.トルコ
12.ブラジル
15.ウクライナ
16.オーストラリア
17.イラン
18.イスラエル
23.台湾
25.ドイツ

★米対中は変わらず。

 金・権力の為に、自国崩壊や自国民死傷を無視できる
 国家指導者があちこちにいる。

外交に関する国内世論調査

外務省の
 「外交に関する国内世論調査」によると
 ・3月、18歳以上の男女千人に電話調査

☆東アジアの安全保障環境は厳しさを増していると考えるか
・そう思う 90.5%

★その通りだが、設問の文が誘導的なようで。

☆対中国外交で重視すべき点(複数回答可)
・領海侵入などに強い姿勢で 60.3%
・人権・自由・民主主義・法支配の尊重を求めていく 38.9%
・経済・人的交流の活性化 29.8%
・地域および国際社会の協力強化 28.2%

★海保船に対艦ミサイルが必要かも。

 相手が侵略や殺人を厭わない狂気の習近平。