FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

コロナワクチンの契約数

米デューク大・世界保健革新センターの
 「新型コロナワクチン情報、ワクチン供給契約締結数」によると
 ・11月30日基準集計
 ・世界40カ国(国際機関含む)が20社と73億回分契約を締結

☆ワクチン契約締結数
1.インド 16億回分
2.EU 15.9億回分
3.米国 10.1億回分
4.COVAX 7億回分(国際ワクチン購入共同組織)
5.カナダ 3億5800万回分
6.英国 3億5500万回分
7.インドネシア 2億9000万回分、主に中国製
8.日本 1億9600万回分

17.韓国 不明、4400万回分

※アストラゼネカ  20カ国25億回分供給契約
 ファイザー 21カ国6億5870万回分契約

★73億回分は世界人口に近いが、アフリカや南アジアなど
経済後進国はワクチンのコストを払えないし、PCR検査も
コストを賄えない。

 賄賂まみれのWHOが機能すれば良いけれど。

移住したい国・働きたい国

海外送金サービスRemitlyの
 「世界移住したい国・働きたい国ランキング」によると
 ・101の国・地域の検索データで、移住先として
  もっとも検索された国ランキング

☆移住したい国・働きたい国ランキング
 数字は移住を望む人の割合が最多の国数

1.カナダ(30)
2.日本(13)
  カナダ、アメリカ、モンテネグロ、ジョージア、ネパール、
  ミャンマー、タイ、カンボジア、ラオス、インドネシア、
  フィリピン、台湾、オーストラリア
 ※日本のトップは英国

3.スペイン(12)
4.ドイツ(8)
5.カタール(6)

6.オーストラリア(5)
7.スイス(4)
8.ポルトガル(3)
9.アメリカ(2)
10.イギリス(2)

☆大陸・地域別の主な傾向
・アフリカ、中米は  カナダ
・アジア、北米は 日本
・南米は スペイン
・ヨーロッパは ドイツ、スペイン
・中東は カタール

※要因は身近な地域で言語や文化が似ている
 医療や安全性標準の高さ、生活レベルの高さ

・ロシアは アメリカ
・フィンランド、スウェーデンは スペイン

★自然豊かで平和、カナダ
 安心で上質生活、日本
 平和で豊かな食、スペイン

19歳の身長、200国・地域

英インペリアルカレッジロンドンの
 「世界の就学年齢児童と青少年の身長、ボディマス指数」によると
 ・200国・地域
 ・1985年~2019年のデータ

☆男性19才の平均身長、2019年
1.オランダ 183.8
2.モンテネグロ 183.3
3.エストニア 182.8
4.ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 182.5
5.アイスランド 182.1
6.デンマーク 181.9
7.チェコ 181.2
8.ラトビア 181.2
9.スロバキア 181.0
10.ウクライナ 181.0

19.ドイツ 180.3
34.フランス 178.6
39.英国 178.2
40.オーストラリア 178.2
47.米国 176.9
49.ロシア 176.6

58.スペイン 176.1
65.中国 175.7、35年間で8cm増
68.韓国 175.5
82.イタリア 174.4

114.日本 172.1
140.メキシコ 170.3
180.インド 166.5

198.ソロモン諸島 163.1
199.ラオス 162.8
200.東ティモール  160.1


☆女性19才の平均身長、2019年
1.オランダ 170.4
2.モンテネグロ 170.0
3.デンマーク 169.5
4.アイスランド 168.9
5.ラトヴィア 168.8
6.エストニア 168.7
7.セルビア 168.3
8.チェコ 168.0
9.リトアニア 167.6
10.米領サモア 167.6

25.ドイツ 166.2
39.カナダ 164.7
40.オーストラリア 164.7
45.フランス 164.5
49.英国 163.9

54.中国 163.5、35年間で6cm増
58.米国 163.3
60.韓国 163.2
70.ブラジル 162.4
77.スペイン 162.0

146.日本 158.5
182.インド 155.2

198.ネパール 152.4
199.バングラディシュ 152.4
200.グアテマラ 150.9

★総平均は男性173cm、女性160cmほど。

人間開発指数HDI、189国・地域

国連開発計画UNDPの
 「2020年版・人間開発報告書の人間開発指数HDI」によると
 ・国民生活の豊かさ。所得、平均余命、就学状況等

☆人間開発指数HDIの世界ランキング、2019年
1.ノルウェー、連続首位
2.アイルランド
2.スイス
4.香港
4.アイスランド
6.ドイツ
7.スウェーデン
8.オーストラリア
8.オランダ
10.デンマーク

11.シンガポール
13.英国
16.カナダ
17.米国
19.日本、前年20位
23.韓国
25.スペイン
26.フランス
29.イタリア
52.ロシア
54.トルコ
85.中国
131.インド

185.ブルンジ
185.チャド
187.チャド
188.中央アフリカ
189.ニジェール

★自由が失われた香港が、19年評価4位。
 20年の評価は85位の中国に近づくのか?

米大統領選で、民主党が違反行為をした可能性

米世論調査会社ラスムセンレポートの
「民主党がバイデンの勝利を確実にするため、いくつかの州で
 投票を盗んだり、トランプ支持の投票用紙を破壊したりした
 可能性はどのくらいありますか?」
 ・2020年11月20日調査

★民主党の投票違法行為はかなり確実
・全体 47~36%

・共和党支持者 75~61%
・民主党支持者 30~20%
・無党派 39~29%

☆米マスメディアの9割が反トランプ。
 日本のメディアはそのコピーのみ。

 投票ごまかしの断片的証拠は多数あるらしく、
 郵便投票は直接の投票より、はるかにインチキしやすい。

 トランプは24年再出馬の意向。