FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

参院選、投票率、得票率

総務省による
 「第25回参院選挙、投票率、得票率」によると

☆投票率
・選挙区 48.80%
・比例 48.79%

※1995年44.52%に次ぐワースト2位の低投票率

※欧米の投票率
・イギリス 2017年総選挙 68.7%
・ドイツ 2017年連邦議会選挙 76.2%
・フランス 2017年大統領選決選投票 74.6%
・アメリカ 2016年大統領選 55.3%

☆10代の投票率(サンプル調査)
・18歳 34.68%(男性33.38%、女性36.07%)
・19歳 28.05%(男性26.79%、女性29.43%)
※前回参院選46.78%、17年衆院選40.49%

☆都道府県別・投票率
1.山形 60.74%
2.岩手 56.55%
3.秋田 56.29%
4.新潟 55.31%
5.長野 54.29%

43.栃木 44.14%
44.青森 42.94%
45.福岡 42.85%
46.宮崎 41.79%
47.徳島 38.59%

☆政党別得票率(比例)
得票率  得票数 比例議席 選挙区議席 合計
・自民 35.37% 1771.2万  19   38   57
・公明 13.05%  653.6万   7    7   14
・維新 9.80%  490.7万   5    5   10

・立憲民主 15.81%  791.8万   8    9   17
・共産 8.95%  448.3万   4    3    7
・国民民主 6.95%  348.1万   3    3    6
・れいわ新選組 4.55%  228.0万   2    -    2
・社民 2.09%  104.6万   1    -   1

・N国 1.97%   98.8万   1    -   1

※公明、前回758万票から104万票減
 共産、前回602万票から154万票減、目標850万

★5割にみたない投票率。危険。

各国GDP、一人あたり、購買力平価一人あたり

世界銀行の
 「2018年・各国名目GDP」によると
 ・205国・地域対象

☆各国の国内総生産(GDP)
1.米国 20兆4941億ドル
2.中国 13兆6082億ドル
3.日本 4兆9709億ドル
4.ドイツ 3兆9968億ドル
5.英国 2兆8252億ドル

6.フランス 2兆7775億ドル
7.インド 2兆7263億ドル
8.イタリア 2兆0739億ドル
9.ブラジル 1兆8686億ドル、
10.カナダ 1兆7093億ドル

11.ロシア 1兆6576億ドル
12.韓国 1兆6194億ドル

★中国の数値は怪しいけれど、
 インドが躍進。

☆同・1人当たり国民総所得(GNI)、192カ国・地域
1.スイス 8万3580ドル
2.ノルウェー 80790
3.マン島 80340
4.マカオ 78320
5.ルクセンブルグ 77820
6.米国 62850
7.カタール 61190
8.アイスランド 60740
9.デンマーク 60140
10.アイルランド 59360

★金融重視の小国と、北欧が上位

11.シンガポール 58770
12.スウェーデン 55070
13.オーストラリア 53190
14.オランダ 51280
15.香港 50310
16.オーストリア 49250
17.フィンランド 47820
18.ドイツ 47450
19.ベルギー 45430
20.カナダ 44860

21.日本 41340
22.英国 41330
23.フランス 41070
24.UAE 41010
26.ニュージーランド 40820
28.イタリー 33560
30.韓国 30600
32.スペイン 29450

68.トルコ 10380
69.ロシア 10230
71.中国 9470
74.メキシコ 9180
75.ブラジル
144.インド 2020

☆購買力平価(PPP)基準、1人当たりGNI
1.カタール     124130ドル
2.マカオ     112480
3.シンガポール 94500
4.ブルネイ 85790
5.クウェート 83390
6.ルクセンブルグ 80640
7.UAE 75300
8.スイス 69220
9.香港 67700
10.アイルランド 66810

11.ノルウェー 66390ドル
12.米国 63390
13.デンマーク 57470
14.オランダ 57380
15.オーストリア 55960
16.ドイツ 55800
17.サウジアラビア 55650
18.アイスランド 54140
19.スウェーデン 53990
20.ベルギー 51470

22.オーストラリア 49930
24.カナダ 47280
25.フランス 46900
26.英国 45660
27.日本 45000
29.イタリー 42490
33.韓国 40450
34.ニュージーランド 40250

53.トルコ 28380
57.ロシア 26470
73.メキシコ 19440
79.中国 18140
87.ブラジル 15820
126.インド 7680

★金融小国が上位。
 金をつかむには常に金意識を高めろと。
 イコール幸福では無いけれど。

カントリーブランドランキング・2019、75カ国、日本1位

英フューチャーブランドの
 「カントリーブランドランキング・2019」によると
 ・GDP上位75カ国・地域対象
 ・今年1~2月
  過去1年で海外旅行した2500人のオンラインインタビューと
  SNSの各国・地域に関する投稿を多数言語で分析、
  22項目で採点

☆カントリーブランドランキング・2019
1.日本 前回5年前も1位、世銀3位
  製品・サービスの信頼性、健康的な食事、自然の美しさ、
  西洋とは異なる無駄を省いたシンプルさなど体現した独特な文化
2.ノルウェー 前回6位
3.スイス 同2位
4.スウェーデン 同4位
5.フィンランド 同13位
※上位の国は総じて生活の質や環境へのやさしさなどが高く評価

6.ドイツ 同3位、世銀4位
7.デンマーク 同9位
8.カナダ 同5位、世銀10位
9.オーストリア 同10位
10.ルクセンブルグ

12.米国 同7位、世銀1位
14.イタリー 同18位、世銀9位
15.オーストラリア 同8位
17.フランス 同17位、世銀7位
19.英国 同12位、世銀5位
20.韓国 同20位、世銀12位
24.香港
27.ロシア 同31位、世銀11位
29.中国 同28位、世銀2位
41.インド 同50位、世銀6位
47.ブラジル 同43位、世銀8位

★日本が旅行者の評価で世界トップ。
 清潔、美味しい食、安全、奥深く多様な文化、etc。

平和度指数、163カ国

経済平和研究所IEPの
 「世界平和度指数GPI・2019」によると
 ・調査対象163カ国
 ・対内外紛争、社会の安全および安保、軍事化など
  平和関連した3部門23指標を計量化して採点

☆世界平和度指数GPI・2019
1.アイスランド 1072、11年連続首位
2.ニュージーランド 1221
3.ポルトガル 1274
4.オーストリア 1291
5.デンマーク 1316
6.カナダ 1327
7.シンガポール 1347
8.スロバキア 1355
9.日本 1369
10.チェコ 1375

11.スイス 1383
12.アイルランド 1390
13.オーストラリア 1419
14.フィンランド 1488
15.ブータン 1506

22.ドイツ 1547
32.スペイン 1699
36.台湾 1725
39.イタリー 1754
45.英国 1801

55.韓国 1867
60.フランス 1892

110.中国 2217
116.ブラジル 2271
128.米国 2401
139.イラン 2542
141.インド 2605
146.イスラエル 2735
149.北朝鮮 2921

151.スーダン 2995
152.トルコ 3015
153.パキスタン 3072
154.ロシア 3093

159.イラク 3369
160.イエメン 3412
161.南スーダン 3526
162.シリア 3566
163.アフガニスタン 3574

★上位、下位共に常連国。

日韓共同世論調査、日韓世論比較

韓国の東アジア研究院と日本の言論NPOによる
 「日韓共同世論調査、日韓世論比較」によると
 ・日本18歳以上男女1000人、5月18日~6月2日訪問留置回収
 ・韓国19歳以上男女1008人、5月15~27日対面聴取法

☆日韓、相手国の印象、良い
・日本 良い20.0%、(良くない49.9%)
  17年26.9%、18年22.9%
  20代27%、30代28%、40代23%、50代19%、60以上13%

・韓国 良い31.7%、(良くない49.9%)
  17年26.8%、18年28.3%
  20代42%、30代37%、40代28%、50代31%、60以上26%

☆現在の日韓関係
 良い   悪い
・日本  6.1%   63.5%
・韓国  3.7%   66.1%

☆相手国にマイナス印象を持つ理由(複数選択)
・日本 歴史問題で日本を批判し続ける 52.1%
竹島の領土対立   25.7%
言動が感情的で激しい   24.8%
慰安婦合意の対立 23.8%
韓国人の愛国的行動や考えが理解できない 23.2%
徴用工判決 15.2%
レーダー照射   9.0%

・韓国 韓国侵略歴史を反省していない 76.1%
独島の領土対立   57.5%
慰安婦問題 20.1%
日本人は本音と建前が違う 17.9%
政治指導者の言動に不信   17.9%


☆相手国への好感の理由(複数選択)
・日本 韓国文化に関心がある 49.5%
食文化と買い物が魅力 52.5%
韓国製品が安くて魅力的 23.0%

・韓国 親切で誠実だから 69.7%
生活レベルが高い先進国 60.3%
    製品の質が高い 21.3%


☆解決が必要な歴史問題(複数選択)
・日本 歴史問題に対する韓国人の行き過ぎた反日 55.9%
韓国の反日教育、教科書の内容 54.9%
慰安婦問題 37.6%
・韓国 慰安婦問題 70.2%
侵略戦争に対する日本の認識 62.1%
日本の戦争賠償、強制労働賠償 60.2%

☆韓国大法院(最高裁)の強制徴用判決
・日本 分からない 28.4%
仲裁委員会や国際司法裁判所の判断に任せるべき 22.2%
韓国政府が賠償措置を取るべき 20.5%

・韓国 判決で日本企業が賠償措置すべき 58.1%

★徴用でなく、日本の国民として応募、高倍率の中で採用、就労。

 国ごと 感情>理 の国。
 韓国内で親日の意見は言えない、書けない。


☆軍事・安保協力
・日本 必要 40.4% 不要 11.5%
・韓国 必要 58.6% 不要 20.7%

☆経済協力
・日本 必要 43.4% 不要 23.9%
・韓国 必要 83.1% 不要  8.9%

☆日韓関係の困難な現状にどう対応すべき
・日本 改善に向けた努力をすべき 40.2%
今のところ無視すべき 14.6%
何もする必要はない 9.1%
関心がない 7.3%

・韓国 改善に向けた努力をすべき 70.8%
今のところ無視すべき 7.0%

☆相手国へ行きたいか
行きたい 行きたくない
・日本 34.3% 41.8%
・韓国 65.9% 22.0%

★旅行は双方向共に増加し、相互理解も進行中。


※ほぼ同時期の読売新聞と韓国日報との共同調査では
 5月24~26日、韓国1000人と日本1028人
 ・日韓関係  悪い 良い
   日本  83.0%(昨6月63.0%)  13.0%
   韓国  82.4%(同68.9%) 14.9%

 ・今後の関係 変わらない 良くなる 悪くなる
   韓国 56.5%   25.2% 14.4%
   日本 66.0%   14.0% 15.0%

★北朝鮮融和以外は、ほぼ職務放棄の文在寅。
 1年後には弾劾されているかも。