FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

魅力的な都道府県、市町村

ブランド総合研究所の
 「地域ブランド調査2020」によると
 ・20~70代3万1734人回答。6月24日~7月20日調査
 ・認知、魅力など全84項目の設問から数値化
 ・47都道府県、全792市と東京23区、地域ブランドへの
  取組みに熱心な185町村を加えた計1000の市区町村
 ・2020年で15回目

☆もっとも魅力的な都道府県
1.北海道、 60.8、12年連続1位
2.京都 49.9
3.沖縄 44.1
4.東京 36.4
5.神奈川 34.7
6.大阪 31.9
7.奈良 30.6
8.長野 30.5
9.福岡 29.6
10.石川 29.2

45.佐賀 12.5
46.徳島 12.1
47.栃木 11.4

※7年連続最下位の茨城が42位に躍進!
 最下位の栃木は知事が同社に出向き、
 意見を申し入れた。

☆もっとも魅力的な市区町村
1.京都 51.9、3年ぶり3度目1位
2.函館 51.3
2.札幌 51.3
4.横浜 48.1
5.小樽 46.9
6.神戸 44.8
7.鎌倉 44.6
8.金沢 43.8
9.富良野 43.7
10.仙台 38.8

★順当な。離島も人気だが観光客数は少ない。

国内旅行に関する調査

大和ネクスト銀行とネットエイジアの
 「国内旅行に関する調査2019」によると
 ・1年以内に国内旅行したネットエイジアモニター会員
  全国20歳~69歳男女、有効回答から男女比率が均等になる1000名抽出
 ・2019年9月25~26日、インターネット調査

☆旅行したことがある都道府県
1.京都 64.2%
2.東京 61.8%
3.大阪 61.7%
4.北海道 60.4%
5.千葉 56.6%

☆旅行したことがない都道府県
1.佐賀 80.4%
2.高知 79.4%
3.徳島 78.8%
4.秋田 78.7%
5.宮崎 77.8%

☆旅行したその都道府県のグルメ満足度
1.北海道 82.1%
2.福岡 40.3%
3.沖縄 33.5%
4.石川 31.7%
5.大阪 30.0%

★北海道がだんとつ

☆旅行した都道府県のレジャー満足度
1.沖縄 57.5%
2.北海道 48.0%
3.東京 35.3%
4.千葉 32.2%
5.大阪 26.9%

☆旅行した都道府県で宿泊施設満足度
1.北海道 41.7%
2.沖縄 40.1%
3.東京 25.9%
4.大分 20.0%
5.神奈川 19.8%

★温泉の大分(由布院,別府)と神奈川(箱根,湯河原)が上位に

☆秋の国内旅行で楽しみたい
1.温泉めぐり 67.7%
2.名所観光 43.5%
3.グルメ 43.2%
4.紅葉狩り 36.4%、男性27.2%、女性45.6%
5.果物狩り 26.2%、男性17.6%、女性34.8%

☆東京観光で外せないと思う場所
1.東京スカイツリー 53.7%
2.浅草寺 37.1%
3.東京タワー 32.3%
4.東京駅 18.7%
5.皇居 16.3%

※20代女性 竹下通り 23.0%
 30代女性 三鷹の森ジブリ美術館 23.0%

★一度は

☆国内旅行で一緒に行くことがある相手
1.配偶者 56.6%、60代76.5%
2.子ども 37.1%
3.友人 28.1%、男性21.0%、女性35.2%、20代36.5%
4.親(義親を含む) 24.8%
5.きょうだい 11.3%、男性6.0%、女性16.6%
5.恋人 11.3%

☆配偶者との旅行で、相手の態度が原因でケンカしたこと
(配偶者と旅行に行くことがある566名)
・ある 58.1%

☆その原因、
1.文句ばかり言う 30.7%、男性1位37.2%
2.自分勝手・わがまま 28.0%、女性2位27.6%
3.無計画で動く 27.4%、女性1位29.3%
4.優柔不断・決められない25.8%
5.計画の段取りが悪い 22.2%、女性2位27.6%

★夫婦げんかは犬も喰わないと

旅行・観光競争力ランキング、140カ国地域

世界経済フォーラムWEFの
 「旅行・観光競争力ランキング、2019」によると
 ・140カ国・地域対象
 ・政策、インフラ、環境、自然、文化資源等、
  14分野90指標で評価

☆旅行・観光競争力ランキング
1.スペイン 5.4
  観光資源の豊富さと旅行者へのサービスが高評価
2.フランス 5.4
3.ドイツ 5.4
4.日本 5.4
  高評価は7点満点で、文化資源とビジネス旅行6.5,
  保健衛生6.4,安全安心6.2,IC活用6.2,交通インフラ6.2

5.米国 5.3
6.英国 5.2
7.オーストリア 5.1
8.イタリア 5.1
9.カナダ 5.1
10.スイス 5.0

13.中国 昨年15位
14.香港 昨年1位
16.韓国 昨年19位

★観光大国のフランス、スペインに近づいた。

フライト時の迷惑マナー、コミュニケーション

エクスペディアの
 「フライト時の迷惑マナー、コミュニケーションに関する
  国際比較調査」によると
 ・1年以内に飛行機に乗り、かつホテルに宿泊した
  米仏豪日本など23か国男女1万8237名対象
 ・2019年4月12日~4月29日

☆隣の人が自身の座席スペースまではみ出し
 肘掛を占領するなどの態度をとった場合
1.スペースをあけてもらうように直接言う 45%
  ドイツ61%、オーストリア60%...日本25%

2.タイミングを見て肘掛けを下ろしスペース確保 35%
  日本30%

3.席を替えてもらえないかCAに丁寧に頼む 22%

4.無視をして我慢する
  日本26%、イタリア23%、アメリカ23%...
  インド5%、メキシコ5%

☆後ろの人が座席を蹴ってきたときの対応
1.直接本人にやめるように言う 40%、日本人19%
2.CAからやめてもらうよう伝えてもらう 24%、日本人49%

☆隣の知らない人に話しかける
1.インド 60%
2.メキシコ 59%
3.ブラジル 51%
4.タイ 47%
5.スペイン 46%

19.韓国 28%
20.オーストラリア 27%
21.ドイツ 26%
22.香港 24%
23.日本 15%

☆機内で好む席
・窓側 62%
  インド84%、ブラジル80%...
  日本48%、シンガポール43%

・真ん中 4%、日本2%
・通路側 34%、日本50%

※日本人の通路側の理由(複数回答)
1.トイレに行きやすい 79%
2.通路に出やすい 54%
3.他の人を邪魔しない 47%

★シャイで、遠慮深い?日本人

四国遍路の現状

四国経済連合会の
 「遍路の受け入れ態勢等に関するアンケート」によると
 ・対象施行八十八ヶ所霊場、回答36

☆交通機関別の巡礼者数の動向(概ね10年前との比較)
大幅増 少増 変わらず 少減 大幅減
・団体バス ー 4.5% ー 13.6% 81.8%
・マイカー 4.5% 5.8% 15.9% 36.4% 36.4%
・歩き遍路 11.4% 47.7% 11.4% 18.2% 11.4%
・外国人遍路 61.4% 31.8% 4.5% 2.3% ー

※外国人歩き遍路は07年44人から17年400人に拡大。
 遍路人数の0.5%だが、今後大幅増の可能性がある。

 しかし、言葉・作法・土地勘・習慣などわからないままの
 歩き遍路外国人が困っており、宿情報、外国語の予約や
 食事メニュー、キャッシュレス決済、など整備が必要とした。

☆札所へのアンケート
・10年前より減った  回答全36札所
・減った割合 平均38%

☆太龍寺ロープウェイ(徳島県)利用者数
 (お遍路さんの多くが乗る)
・1998~2002年度の5年間平均 13.5万人
・2014~2018年度の5年間平均 7.8万人、42%減

☆宿泊施設
・旅館 113軒減
・ビジネスホテル 84軒増

★遍路人数は8万人?