最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬と猫、飼育数

ペットフード協会の
 「飼育実態調査」によると
 ・インターネット調査、回答5万件から推計
 ・調査は1978年から別組織が開始し、94年から同協会担当

☆国内飼育数、2016年10月時点
・犬 987.8万匹、0.4%減
・猫 984.7万匹、0.3%減

★世帯の約3分の1に犬か猫が。

☆同・平均寿命
・犬 14.36歳
・猫 15.04歳

☆14年の国別・犬猫飼育数(米マーズ社調査)
犬 猫
・米国     8750万頭    9050万頭
・ドイツ 790万頭 990万頭
・英国 790万頭 990万頭
・フランス 730万頭    1270万頭
・オーストラリア 410万頭 220万頭
・日本     1034万頭 996万頭

★米の犬猫の多が驚異的。ほぼ全世帯にいるよう。
 人口比ではフランスの猫好きもすごい。
スポンサーサイト

耐久消費財の平均使用年数

内閣府の
 「消費動向調査・2015年度」によると
 ・8400世帯対象、有効回答5518世帯

☆耐久消費財の平均使用年数、2人以上世帯、2015年度
 (15年4月から16年3月の間に買い替えた世帯)

・テレビ 8.0年、0.6年増
・携帯電話 3.8年、0.2年増
・パソコン 6.0年、0.2年増

・冷蔵庫 11.3年、1.4年増
・洗濯機 9.2年、0.9年増

・乗用車(新車)8.1年、0.3年増

★伸びてはいるが、欧米よりまだ短サイクル。
 買替増加と景気は、鶏と卵のような関係。


☆同・買い替え理由
故障 上位品へ買替え その他
・テレビ 57.4%   15.5% 15.4%
・携帯電話 35.5%   37.3% 26.9%
・パソコン 56.7%   26.6% 15.6%

・冷蔵庫 65.8%   14.7% 10.6%
・洗濯機 78.1%    7.9% 6.1%

・乗用車(新車)23.8%   25.2% 50.3%

★ ここ10年の大きな技術革新はスマホと車の燃費位。


☆主要耐久消費財の世帯保有数平均(2人以上世帯)
・テレビ 2.16台
・携帯電話 2.36台(スマホ1.35台、スマホ以外1.01台)
・パソコン 1.28台
・タブレット端末 0.42台
・光ディスクプレーヤー 1.33台(DVD0.75台、ブルーレイ0.58台)
・デジカメ 1.12台
・ビデオカメラ 0.43台
・ファックス 0.58台
・エアコン 2.84台
・温水洗浄便座 1.15台
・衣類乾燥機 0.74台(洗濯機一体型0.46台)
・食器洗い機 0.35台

・乗用車 1.31台(新車購入0.92台、中古購入3.91台)

★共働き増やと外干し懸念で、衣類乾燥機が徐々に拡大

米国内で最も人気がある犬2015

米ケンネル・クラブの
 「米国内で最も人気がある犬2015、
  most popular dog breeds of 2015」によると

☆most popular dog in America
1.ラブラドール・レトリバー、25年連続首位
  カナダ、イギリスでも登録数1位
2.ジャーマン・シェパード
3.ゴールデン・レトリバー
4.ブルドッグ
5.ビーグル

6.フレンチ・ブルドッグ、14年9位、13年11位と上昇
7.ヨークシャー・テリア
8.プードル
9.ロッテリア
10.ボクサー

45.柴犬
46.秋田犬

★土地が広いアメリカは大型犬が主流。日本は小型犬が主。

 生き物はかわいいけれど、世話やしつけもしっかりね。

米、2013年人気犬種

米愛犬家団体アメリカンケンネルクラブの
 「2013年・人気犬種の上位10位」によると

☆米の人気犬種・2013年
1.ラブラドルレトリバー
2.ジャーマン・シェパード
3.ゴールデンレトリバー
4.Beagle
5.Bulldog

6.Yorkshire Terrier
7.Boxer
8.Poodle
9.Rottweiler
10.Dachshund

★アメリカでは大型犬が人気

自分をなんらかのオタクだと思いますか

リサーチパネルの
 「自分をなんらかのオタクだと思いますか」によると
 ・13万7734人回答

☆自分について、なんらかの分野のオタクだと思いますか
・そう思う  42.2%
  男性45.7%、女性38.1%
  10代62.0%、20代55.6%、30代46.4%、40代44.8%
  50代36.7%、60代26.9%、70代23.1%、80代23.3%

・そう思わない 57.8%

※若い人は、何かに打ち込んでいるものがある、何かに詳しい、
 ことと「オタク」を同義で捉えている人が多いよう。

★年代により、言葉(オタク)の解釈に差。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。