FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

国内旅行に関する調査

大和ネクスト銀行とネットエイジアの
 「国内旅行に関する調査2019」によると
 ・1年以内に国内旅行したネットエイジアモニター会員
  全国20歳~69歳男女、有効回答から男女比率が均等になる1000名抽出
 ・2019年9月25~26日、インターネット調査

☆旅行したことがある都道府県
1.京都 64.2%
2.東京 61.8%
3.大阪 61.7%
4.北海道 60.4%
5.千葉 56.6%

☆旅行したことがない都道府県
1.佐賀 80.4%
2.高知 79.4%
3.徳島 78.8%
4.秋田 78.7%
5.宮崎 77.8%

☆旅行したその都道府県のグルメ満足度
1.北海道 82.1%
2.福岡 40.3%
3.沖縄 33.5%
4.石川 31.7%
5.大阪 30.0%

★北海道がだんとつ

☆旅行した都道府県のレジャー満足度
1.沖縄 57.5%
2.北海道 48.0%
3.東京 35.3%
4.千葉 32.2%
5.大阪 26.9%

☆旅行した都道府県で宿泊施設満足度
1.北海道 41.7%
2.沖縄 40.1%
3.東京 25.9%
4.大分 20.0%
5.神奈川 19.8%

★温泉の大分(由布院,別府)と神奈川(箱根,湯河原)が上位に

☆秋の国内旅行で楽しみたい
1.温泉めぐり 67.7%
2.名所観光 43.5%
3.グルメ 43.2%
4.紅葉狩り 36.4%、男性27.2%、女性45.6%
5.果物狩り 26.2%、男性17.6%、女性34.8%

☆東京観光で外せないと思う場所
1.東京スカイツリー 53.7%
2.浅草寺 37.1%
3.東京タワー 32.3%
4.東京駅 18.7%
5.皇居 16.3%

※20代女性 竹下通り 23.0%
 30代女性 三鷹の森ジブリ美術館 23.0%

★一度は

☆国内旅行で一緒に行くことがある相手
1.配偶者 56.6%、60代76.5%
2.子ども 37.1%
3.友人 28.1%、男性21.0%、女性35.2%、20代36.5%
4.親(義親を含む) 24.8%
5.きょうだい 11.3%、男性6.0%、女性16.6%
5.恋人 11.3%

☆配偶者との旅行で、相手の態度が原因でケンカしたこと
(配偶者と旅行に行くことがある566名)
・ある 58.1%

☆その原因、
1.文句ばかり言う 30.7%、男性1位37.2%
2.自分勝手・わがまま 28.0%、女性2位27.6%
3.無計画で動く 27.4%、女性1位29.3%
4.優柔不断・決められない25.8%
5.計画の段取りが悪い 22.2%、女性2位27.6%

★夫婦げんかは犬も喰わないと

社内ルール、服装、身だしなみ

日本労働組合総連合会(連合)とネットエイジアの
 「社内ルールにおける男女差に関する調査」によると
 ・2019年10月2~4日、インターネット調査
 ・全国20~59歳のパート・アルバイト除く有職者1000名

☆普段、仕事をするときの服装
・制服 44.3%
・市販のスーツを含む私服 47.0%
・TPOで異なる 8.7%

☆同・制服が多い業種
1.宿泊業,飲食サービス業 83.3%
2.医療,福祉業 64.8%
3.製造業 59.4%
4.運輸業,郵便業 59.3%

☆同・私服が多い業種
1.教育,学習支援業 73.1%
2.金融業,保険業 71.4%
3.公務 63.9%
4.情報通信業 61.9%
5.卸売業,小売業 50.9%
6.サービス業 48.8%
7.建設業 47.9%

☆服装や身だしなみについての決まりの有無
・ある 57.1%
  宿泊・飲食86.7%、金融・保険71.4%
・ない 42.9%


☆具体的な決まり(決まりがある571名)
・髪 41.9%
・入れ墨、タトゥ 40.3%
・ヒゲ 33.1%
・女性のパンプスのヒール高 19.4%
・女性は化粧しなければならない 15.1%
・男性はスーツ着用 19.4%
・男性はネクタイ 19.6%
・男性はピアス禁止 32.9%

☆服装・身だしなみの決まりについて思うこと
・あったほうがよい 14.7%
・最低限でよいと思う 54.9%、男性49.8%、女性60.0%
・本人に任せるべき 18.1%
・ないほうがよい 5.2%

★結局は常識の範囲内。
 業種と社風による。

 パンプ強制批判の#KuTooの女性は
 葬祭業のパートに就業。
 黒礼服に黒無地パンプは常識的では。

大学入学共通テストの国語と数学の記述問題、採点のベネッセ委託

高校生新聞の
 「2020年度からの大学入学共通テストの国語と数学の
  記述式問題で、採点を民間のベネッセ子会社に委託すること
  に関するアンケート」によると
 ・今年8、9月に全国の高校・中等教育学校49.6校に調査票を送り、
  1120校の校長・教頭・進路指導担当者らが回答
 ・50万人規模の採点を20日間で行う必要があり、
  1万人程の採点者が必要でアルバイト学生も含まれる。
 ・公正な採点が確保できるのか問題になっている。

☆共通テストに記述式問題を導入すること
・望ましい 51%

☆採点作業が民間企業に委託されること
・不安 82%

★記述式問題は絶対必要なので、方向性は○だが、
 全国規模で公平さは無理。各校の選別時に行うべき。

 大学入試の英語民間試験も延期になったが、
 拙速で、利権の噂も飛び交った。

 文科省がアウトなのか?

英語能力、英語を母語としない100カ国・地域

EFエデュケーション・ファースト(スイス語学教育機関)の
 「英語能力指数」によると
 ・英語を母語としない100カ国・地域対象
  昨年より77%増の世界230万人データ、日本は数万人参加
 ・オンライン無料テストから
 ・11年から公表

☆英語能力ランキング(英語を母国語をしない国・地域)
1.オランダ 70.27
2.スウェーデン 68.74
3.ノルウェー 67.93
4.デンマーク 67.87
5.シンガポール 66.82
6.南アフリカ 65.38
7.フィンランド 65.34
8.オーストリア 64.11
9.ルクセンブルグ 64.03
10.ドイツ 63.77

19.スイス 60.23
20.フィリピン 60.14
22.ギリシャ 59.87
26.マレーシア 58.55
31.フランス 57.25
33.香港 55.63
34.インド 55.49
34.スペイン 55.46
35.イタリア 55.31
37.韓国 55.04
38.台湾 54.18
40.中国 53.44
48.ロシア 52.14

52.ベトナム 51.57
53.日本 51.51、昨年49位、11年44国地域で14位
59.ブラジル 50.10
67.メキシコ 48.99
69.イラン 48.69
70.UAE 48.19

97.イラク 42.39
98.サウジアラビア 41.60
99.キルギス 43.18
100.リビア 40.87

★翻訳アプリが性能向上。

 日本語の読解力が最優先。

 英語の簡単な意思疎通なら、みんな出来るはずだし。

国語に関する世論調査

文化庁の
 「平成30年度、国語に関する世論調査」によると
 ・全国16歳以上男女3590人対象、54.6%の1960人回答
 ・2019年2~3月、個別面接調査

☆どちらの意味だと思うか
「憮然」
・失望しぼんやりしている様子(誤) 28.1%(10代69.5%、60代18.6%)
・腹を立てている様子(正) 56.7%(10代22.0%、60代64.2%)

「御の字」
・大いに有り難い(正) 36.6%
・一応、納得できる(誤) 49.9%(10代61.0%)

「砂をかむ」
・味わいも面白みもない(正) 32.1%(60代42.9%)
・悔しくてたまらない様子(誤) 56.9%

★TVのアナウンサーや出演者の間違った使い方が増え、
 その影響で、日本語が変化。


☆本来の言い方と、されていない言い方
・「天地神明に誓って」32.1% 誤「天地天命に~」53.7%

・「舌の根も乾かぬうちに」60.4%、誤「舌の先も乾かぬうち」24.4%

・「論陣を張る」29.5%、誤「論戦を張る」44.0%


☆1か月に何冊くらい本を読む
・読まない 47.3%
・1、2冊 37.6%
・3、4冊 8.6%
・5、6冊 3.2%
・7冊以上 3.2%
・わからない 0.2%

★スマホのLINEとゲームで、時間がいっぱい。
 本を読まないと読解力が付かない。

OECD、医療に関する報告書

経済協力開発機構OECDの
 「2019年版の医療に関する報告書」によると
 ・OECD加盟36国と新興国の医療を隔年報告
 ・44カ国の2017年データから

☆1000人あたり病床数
・日本 13.1床、1位
・加盟国平均 4.7床

☆平均在院日数(17年、入院期間)
・日本 16.2日、韓国18.5日に次ぐ2位
・加盟国平均 7.7日

☆現役医師数、人口1000人当たり
・日本 2.4人
・平均 3.5人

☆女性医師の割合(比較可能な36カ国)
1.ラトビア 74%
1.エストニア 74%
平均 48%

33.米国 36%
33.ルクセンブルグ 36%
35.韓国 23%
36.日本 21%、最少

★日本と韓国が異常に低い!

☆人口10万人当たりの医学部卒業生数(比較可能な35カ国)
1.アイルランド 24.9人
2.デンマーク 21.5人
3.リトアニア 19.3人

33.韓国 7.6人
34.イスラエル 6.9人
35.日本 6.8人、最少

☆現役看護師数、人口1000人当たり
・日本 11.3人
・平均 8.8人

☆医療への公的財源からの支出
・日本 84%
・平均 71%

☆1人当たり医療費、GDP比
・日本 11%、独仏がほぼ同等
・平均 8.8%

☆高額医療機器の100万人当たり台数
《コンピューター断層撮影装置CT》
・日本 112.3台、だんとつ1位

《磁気共鳴画像装置MRI》
・日本 55.2台、だんとつ1位

★最新機械導入が進んでいる日本


☆後発薬の利用(医薬品市場全体での量)
・日本 40%
・加盟国平均 52.4%
※チリ、ドイツ、ニュージーランド、英国は4分の3が後発薬

☆寿命
・日本 84.2才、最長
・平均 80.7才

☆過体重、肥満の割合(BMI25以上)
・日本 25.9%、最少
・平均 55.6%

☆成人の喫煙率、毎日喫煙
・平均  18%

☆アルコール消費量、1人当たり
・平均 年9リットル(純アルコールベース)
 ワインボトルほぼ100本

☆大気汚染による死亡率、10万人当たり
・平均 約40人
・インドと中国 約140人

★大量高齢者への対応が進む日本。

 安楽死も議論を進めなければ。