FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

競争力ランキング・2018、140カ国・地域

世界経済フォーラムの
 「2018年版・世界競争力報告」によると
 ・140カ国・地域対象
 ・12項目、98種の指標を基に評価
 ・今回から労働市場の多様性や起業文化など重視で
  評価方法変更

☆競争力ランキング・2018
1.米国 85.6
  ビジネス環境、金融システムが高評価
2.シンガポール 83.5
3.ドイツ 82.8
4.スイス 82.6、前年まで9年連続1位
5.日本 82.5、前年9位
  健康1位、情報通信技術3位、インフラ5位
6.オランダ 82.4
7.香港 82.36
8.英国 82.0
9.スウェーデン 81.7
10.デンマーク 80.6

11.フィンランド 80.3
12.カナダ 79.9
13.台湾 79.3
14.オーストラリア 78.9
15.韓国 78.8

17.フランス 78.0
26.スペイン 74.2
27.UAE 73.4
28.中国 72.6
31.イタリー 70.8
43.ロシア 65.6
58.インド 62.0
61.トルコ 61.6
72.ブラジル 59.5

★経済・金融の評価が優先

魅力度ランキング、都道府県、市町村

ブランド総合研究所の
 「地域ブランド調査2018」によると
 ・47都道府県と1000市区町村対象
 ・認知度、魅力度、イメージなど全84項目
 ・全国消費者3万0024人有効回答

☆都道府県魅力度ランキング、2018年
1.北海道 59.7、10年連続トップ
2.京都 52.2
3.東京 41.9
4.沖縄 41.2
5.神奈川 36.7

6.奈良 32.6
7.大阪 31.8
8.福岡 28.1
9.長野 26.4
10.長崎 26.3

※1~9位は昨年と同じ


38.滋賀 13.9
39.福井 13.3
40.岐阜 13.0
41.鳥取 12.9
42.群馬 11.8
43.埼玉 11.4
44.栃木 11.3
45.佐賀 11.3
46.徳島 9.8
47.茨城 8.0、6年連続最下位

★旅に行きたい順のような


☆市区町村魅力度ランキング2018
1.函館市 50.0、2年ぶり5度目の首位
  観光意欲度1位、産品購入意欲度2位

2.京都市 48.1、前年1位
3.札幌市 46.8
4.小樽市 45.5
5.神戸市 41.5

6.横浜市 40.7
7.富良野市 39.9
8.鎌倉市 39.7
9.金沢市 39.3
10.仙台市 35.5

※大幅アップは
 ・伊勢市 32位から14位へ
 ・名古屋市 21位から12位へ
 ・広島市 34位から23位へ
 ・北見市 268位から133位へ

★ほぼメディア露出による。
 観光素材構築と情報発信を。

パスポートランキング、ビザなしで渡航できる国や地域の数

ヘンリー&パートナーズの
 「世界のパスポートランキング」によると
 ・ビザなしで渡航できる国や地域の数を比較

☆パスポートランキング、ビザなしで渡航できる国・地域数
1.日本 190カ国、10月からミュンマーが加わった
2.シンガポール 189カ国
3.独、仏、韓 188カ国、独は18年初めは1位

6.デンマーク、フィンランド、イタリア、スウェーデン、スペイン
187カ国

11.ノルウェー、英、オーストリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、米
186カ国

47.ロシア 117カ国
71.中国 77か国

89.パキスタン 33カ国
90.シリア、ソマリア 32カ国
92.アフガニスタン、イラク 30カ国

★韓国3位は国連外交力か?

魅力的な世界都市ランキング

米有力旅行誌コンデナスト・トラベラーの
 「読者選出、魅力的な世界都市ランキング(米国除)・2018年版」によると
 ・42.9万人の声から

☆ベスト大都市
1.東京 3年連続首位
  超近代的でネオン輝く高層ビル群や落ち着いた寺という矛盾が
  混ざり、わくわくする

2.京都 前年3位
  日本で最も寺院などが保存された都市の一つ、
  町家の並ぶ通りは芸術家の特別な工芸品店や上品な店がある

3.メルボルン
4.ウィーン
5.ハンブルグ
6.シドニー
7.シンガポール
8.パリ
9.バルセロナ
10.バンクーバー

11.マドリード
12.大阪
  日本で最高の美食都市の一つ
  たこ焼きとお好み焼きは絶対に食べるべき
13.ロンドン
14.ブダペスト
15.アムステルダム


☆ベスト小都市
1.サンミゲル・デ・アレンダ(メキシコ)
2.ザルツブルグ(オーストリア)
3.ルツェルン(スイス)
4.ベーゼル(スイス)
5.コロン(独)

6.フローレンス(伊)
7.エルサレム(イスラエル)
8.ポルト(ポルトガル)
9.ベニス(伊)
10.エジンバラ(英)

★小都市上位は歴史ある街で、ほぼヨーロッパ。
 ハーレクインロマンス(古!)の舞台のような。

国語に関する世論調査

文化庁の
 「2017年度、国語に関する世論調査」によると
 ・16歳以上男女3579人に面接、2022人回答
 ・18年3月調査

《慣用句の意味》
☆「檄(げき)を飛ばす」
・(正解の)自分の主張や考えを広く人々に知らせ
     同意を求めること 22.1%
・元気のない者に刺激を与え活気づける 67.4%

☆「やおら」
・(正解の)ゆっくりと 39.8%
・急に、いきなり 30.9%

☆「なし崩し」
・(正解の)少しずつ返していくこと 19.5%
・なかったことにすること 65.6%

★檄となし崩しは、時代変化で意味が変わったとも言える
 やおらは正反対の意味へ!


《どの言い方を使う》
☆采配を
・(正解の)振るう 56.9%
・振る 32.2%

☆溜飲を
・(正解の)下げる 37.4%
・晴らす 32.9%

☆白羽の矢が
・(正解の)立つ 75.5%
・当たる 15.1%


《使ったことがある言い方》
・ほぼほぼ 27.3%、20代60.5%、60代12.5%
・目線 57.4%、10代81.9%、60代50.1%
・タメ 51.0%、30代まで80%以上、60代33.1%、70以上13.2%
・ガチ 41.0%、20代78.9%、70以上8.9%

☆官公庁の公用文に使われるカタカナ語
  同じ意味だと思う人のうち、公用は漢字が良いと思う人、
・ガイドライン(指針) 39.8%、カタカナ33.2%
・ワーキンググループ(作業部会) 39.0%、カタカナ33.0%
・コンソーシアム(共同事業体) 78.8%
・インバウンド(訪日外国人旅行) 65.9%
・フォローアップ(追跡調査) 65.9%
・パブリックコメント(意見公募) 58.0%、カタカナ17.0%

★英語やカタカナ語の多い人は、うさんくさい。

年金特別会計の2017年度収支

厚労省の「年金特別会計の2017年度収支決算」によると
 ・年金積立金管理運用独立行政法人GPIFの公的年金運用

☆厚生年金
・期末残高 154兆9035億円
・運用 10兆4479億円黒字、2年連続黒

☆国民年金
・期末残高 9兆2210億円
・運用 2479億円黒字、2年連続黒、

☆合計
・期末残高 164兆1245億円、過去最高
・運用 10兆6957億円黒字


 年金積立金管理運用独立行政法人に納付
 ・厚生年金から 5800億円
 ・国民年金から 3296億円

 立行政法人福祉医療機構納付金に納付
 ・厚生年金から 1887億円
 ・国民年金から  114億円

★利回り6.3%。
 厚労省天下りなどの団体へ、手数料?1.1兆円!