最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

技術革新力、128国・地域

世界知的所有権機関WIPOと米コーネル大などの
 「技術革新力、Global Innovation Index 2016」によると
 ・研究開発投資、特許出願数、科学技術論文数など82項目
 ・128国・地域対象

☆技術革新力、2016
1.スイス、6年連続首位
2.スウェーデン、前年3位
3.英国、同2位
4.米国、同5位
5.フィンランド、同6位

6.シンガポール
7.アイルランド
8.デンマーク
9.オランダ、同4位
10.ドイツ、同12位

11.韓国、同14位
14.香港、同11位
16.日本、同19位
18.フランス、同21位
19.オーストラリア

21.イスラエル
25.中国、同29位
28.スペイン
29.イタリー

41.UAE
42.トルコ
43.ロシア
66.インド、同81位

※単純数量でない論文引用状況や、世界大学ランキング状況などを
 評価した技術革新品質部門では日本1位(前年3位)

★現実の技術革新とイメージが大違い。
 米日独の順じゃないとなあ。
 日本が韓国・香港の下だし??

天皇陛下の生前退位ご意向も含むご発言に関する世論調査

天皇陛下の
 「生前退位ご意向も含むご発言に関する世論調査」によると

《読売新聞、3,4日》
・制度を改正すべき 84%
・改正する必要はない 11%

《読売新聞、9,10日》
・制度を改正すべき 81%
・改正する必要はない 10%


《朝日新聞、6、7日》
☆生前退位を可能とすること
・賛成 84%
・反対 5%

☆ご負担軽減のため摂政を置くこと
・認めてよい 73%

《ANN、13,14日》
☆生前退位について
・賛成 89%
・反対 5%

・退位規定のみ見直しで良い    28%
・皇室全体の在り方を慎重に検討すべき 55%


《毎日新聞、9,10》
・皇室制度を見直すべき 67%
・慎重に議論すべき 22%


《産経新聞とFNN、8月6、7日》
☆生前退位について
・生前退位が可能になるよう憲法改正していい 84.7%
  男性81.4%、女性87.8%

・改正してもいいと思わない   11.0%

☆生前退位に関して政府がどのように対応すべきか
・可能になるように制度改正を急ぐべき   70.7%
  男性66.3%、女性74.6%

・慎重に対応すべき   27.0%
  10,20代男性43.8%、10,20代女性39.1%

《日経新聞》
☆生前退位を認めるべきか
・認めるべき 89%
・認めるべきでない 4%

☆政府の今後の対応(認めるべきとの回答者に)
・全ての天皇に認める制度を作るべき  76%
・現天皇に限っての認める制度をつくるべき 18%


《共同通信、3,4日》
☆生前退位できるようにすることをどう思うか
・できるようにした方がよい 85.7%
・現行制度のままでよい 10.8%


★宮崎正弘氏が、生前退位は失礼で「御譲位」。
 天皇家でなく「皇室」」と指摘。

 新聞やマスメディアが不勉強、かつ非常識。

米、2015年に最も盗まれた中古車、新車

全米保険犯罪局NICBの
 「ホットウィールズ(Hot Wheels)2016」によると、

☆2015年に最も盗まれた中古車
1.ホンダアコード(1996年モデル) 5万2244台
2.ホンダシビック(1998年モデル) 4万9430台
3.フォードF-シリーズ(2006年モデル) 2万9396台、トラック
4.シボレーシルバラード(2004年モデル) 2万7771台、トラック
5.トヨタカムリ(2014年モデル) 1万5466台

6.ダッジラム(2001年モデル) 1万1212台、トラック
7.トヨタカローラ(2014年モデル) 1万0547台
8.日産アルティマ(2015年モデル) 1万0374台
9.ダッジキャラバン(2002年モデル)   9798台、ミニバン
10.シボレーインパラ(2008年モデル)  9225台、今は普通のセダン

★セダンとトラックのベストセラー車種ばかり。
 バラした部品が売りやすい。

 トヨタと日産のセダンだけ新しい。

☆2015年に最も盗まれた新車
1.日産アルティマ 1104台
2.クライスラー200 1069台、16年で生産中止のセダン
3.トヨタカムリ 923台
4.トヨタカローラ 776台
5.GMCシエラ 670台、トラック

6.ダッジチャージャー 666台
7.ヒュンダイソナタ 632台
8.シボレーマリブ 629台
9.シボレーインパラ 594台
10.シボレークルーズ 586台

★中古車より格段に少ない。盗みにくい?

意味を知って驚く山用語

gooの
 「意味を知って驚く山用語」によると
 ・gooモニター830人
 ・08月01~10日

☆意味を知って驚く山用語
1.お花摘み 110票、女性が山で用を足すこと。お花を摘む姿勢に似てる
2.アルバイト 96票、高度・距離をかせぐきつい登り。
  道を間違え無駄に労力を大量に消耗したときも。
2.おろく 96票、山で遭難した遺体。
4.キジ撃ち 69票、男性が山で用を足すこと。猟師がキジを撃つ姿に似ている
  男女共通で大を大キジ、小を小キジとする場合も。
5.武器 68票、箸・スプーン・フォークなど。食事は命に係わるので。
6.二股 31票、2つの沢が合流する地点、出合と同意。
7.蟻の門渡り 29票、幅が狭く左右が崖になった尾根。
8.早立ち 24票、朝早くに宿泊地を出発すること。皆早立ちするが。
9.シャリばて 22票、ご飯(シャリ)が足らずに、ばてること。
10.バカ尾根 21票、単調で疲れるだけの長い尾根道。

★登山が高齢者と女性に人気。

 50年位前、登山はメジャーな趣味で、
 歌声喫茶!でも山の歌がたくさん歌われました。

身長の100年間変化、200ケ国

NCD-RisCの
 「身長の100年間変化」によると
 ・世界の身長測定などに関する統計を調べ、
 ・1896年生まれ、1996年生まれの人の身長を推定

☆1996年生まれの身長・国別
《男性》
1.オランダ 182.5cm(1896年生まれ、169.4cm)
2.ベルギー 181.7
3.エストニア 181.6
4.ラトビア 181.4
5.デンマーク 181.4

6.ボスニアヘルツゴビナ 180.9
7.クロアチア 180.8
8.セルビア 180.6
9.アイスランド 180.5
10.チェコ 180.1

11.ドイツ 179.9(167.2)
12.ノルウェー 179.8
13.フランス 179.7(166.4)
14.スウェーデン 179.7(1896年生まれは171.9で世界一)
15.フィンランド 179.6

18.オーストラリア 179.2
27.カナダ 178.1
29.イタリー 177.8(164.7)
31.英国 177.4(166.9)
37.米国 177.1(171.0で世界3位)
41.スペイン 176.6
42.ロシア 176.5(167.0)

51.韓国 174.9
57.台湾 174.5
66.香港 173.6
68.ブラジル 173.6
90.北朝鮮 172.0
93.中国 171.8(161.0)

102.日本 170.8(156.2)
105.UAE 170.5
115.ケニヤ 169.6
124.メキシコ 169.0
144.サウジアラビア 167.7

169.ナイジェリア 165.9
178.インド 164.9(162.0)
182.ベトナム 164.4(155.3)
188.インドネシア 163.6(154.6)
192.フィリピン 163.2

196.マラウイ 162.2
197.マダガスカル 161.5
198.ラオス 160.5
199.イエメン 159.9
200.東チモール 159.8cm(153.0)


《女性》
1.ラトビア 170.0cm(1896年生まれは155.5)
2.オランダ 168.7
3.エストニア 168.7
4.チェコ 168.5
5.セルビア 167.7
6.スロバキア 167.5
7.デンマーク 167.2
8.リトアニア 166.6
9.ベラルス 166.3
10.ウクライナ 166.3

11.スロベニア 166.1
12.アイスランド 165.9(1896年生まれは158.6で世界一)
13.フィンランド 165.9
14.ドイツ 165.9
15.オーストラリア 165.9

32.イタリア 164.6(153.5)
38.英国 164.4(153.4)
42.米国 163.5(159.0で世界4位)
55.韓国 162.3(142.2で世界196位)
87.中国 159.7(150.2)
99.香港 159.0
100.北朝鮮 159.0(149.1)
112.日本 158.3(142.3で195位)

196.東チモール 151.2
197.ネパール 150.9
198.バングラディシュ 150.8
199.フィリピン 149.6
200.グアテマラ 149.0cm(140.3で世界200位)

※欧州中部・南部と東アジアでは過去100年で身長が伸び、
 サハラ以南のアフリカや南アジアはほとんど伸びなかった。

※韓国女性が身長の伸び最大、100年で20cm

★北中欧と南アジアで、20cm位の身長差

 日射量や気温などへの適合と、
 牛乳などカルシウム摂取量の違いか。

平均寿命

厚労省の
 「平成27年簡易生命表」によると

☆日本人の平成27年平均寿命(0歳の平均余命)
・男性 80.79歳(0.29歳増)、4年連続過去最高
・女性 87.05歳(0.22歳増)、3年連続過去最高

☆主な国・地域の平均寿命
《男性》
1.香港 81.24歳
2.アイスランド 81.0歳
2.スイス 81.0歳(14年)
4.日本 80.79歳、前年3位
5.シンガポール 80.4歳

《女子》
1.香港 87.32歳
2.日本 87.05歳、前年まで3年連続首位
3.スペイン 85.58歳(14年)
4.韓国 85.5歳(14年)
5.スイス 85.2歳(14年)

★日本女性が世界トップから落ちたが、
 問題は健康寿命。


☆死因別死亡確率(主要死因)(平成27年)
《男性0歳》
1.ガン 29.34%
2.心疾患(高血圧性除) 14.20%
3.肺炎 11.36%
4.脳血管疾患 8.06%

《女性0歳》
1.ガン 20.21%
2.心疾患(高血圧性除) 17.28%
3.肺炎 9.57%
4.脳血管疾患 9.43%

★鳥越氏の言うガン検診100%は
 医者からの異論多数。

 認知症者を都知事候補にする方がおかしい。